オーディヲ

2016年8月11日 (木)

ZS-RS80BTその後

SONY ZS-RS80BTのプツプツ音に悩まされていましたが、メーカーに問い合わせし、修理してもらいました。修理といってもファームウェアの書き換えだけのようです。ちなみに修理自体は無料でした。

戻ってきたZS-RS80BTは、CDやラジオを聞くには快調そのものなのですが、mp3をSDカードで再生しようとしたところ、ちっょっと躓きました。

Transcend32gb SDHCカード 30MB/s 200x

このTranscendのSDHCカードに曲を入れて再生しようとしましたが、カードの認識率が低く、たいていの場合認識しませんでした。時々ですが認識したときは問題なく曲の再生が可能です。単なる相性問題なのか不明ですが、高速化SDHCカードはNGなのでしょうかね。ちょっと残念な結果となりました。

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

CR-N765 ファームウェア・アップデート

新ファームがアップされていましたので、さっそく本体の更新をしてみました。

ONKYOのサイトからダウンロードしたzipファイルを展開すると一つのフォルダ内に3つのファイルが収まっています。このフォルダ内の3つのファイルを空のUSBメモリのルートディレクトリにコピーします。ここで注意しなければならないのは、展開後の3つのファイルが収まったフォルダごとUSBメモリにコピーしてもアップデートできない点です。前回の時もそうでしたが、今回も引っかかりました…。

あとはUSBをCR-N765に挿し込んで、取説のファームウェアアップデートにある手順で更新できました。

更新後のバージョンは、1031-0300-000でした。

| | コメント (0)

2016年2月15日 (月)

CR-N765のOPTICAL入力

最近気づいたのですが、CR-N765のOPTICAL入力でサンプリングレート192kHzが認識されていました。ファームを更新したからでしょうか。

以前は96kHz止まりだったような…。

| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

CR-N765 ファームウェアアップデート

ONKYOのCR-N765の更新ファイルが上がっていることに本日気づきまして、更新してみました。本体からの直接ネット経由ではダメなようで、USBメモリ経由からしか更新できないようなので、USBメモリを引っ張り出してきてここに新ファームを展開しまして、取説の手順通りにやって無事に更新できた次第です。

バージョンは、

1011-0100-000

から

1021-0200-000

に上がりました。

ファーム書き込み途中でARMWriteという表示が出ていたので、ARMチップを使用しているのかもしれません。

でもって今回の更新で何が改善されたのかは不明です。とりあえずBluetoothのUBT-1などがちゃんと認識されることを望むばかりです。(ただいま手持ちにないので確認できず…。)

| | コメント (0)

2015年1月 4日 (日)

CR-N765導入

CDプレーヤとアンプの調子が悪くだましだまし使っていたのですが、限界に達したので、新調してみました。とりあえずネットワーク対応のONKYO CR-N765にしました。初ONKYOです。また20年ぶりくらいの据え置きオーディオとなりました。いちようPCなしでradikoが聞けるところがよろしいかと。あとはアンプ内蔵でラジオもいちよう受信できるので、まあ何とかなりそうです。ハイレゾ再生については、今のところ音源をもっていないので試してません。

使い勝手は普通だとおもいます。ディスプレイが一行表示なので、radiko等の選局にやや難ありな感じですが、まあこんなものでしょう。

PCからの光デジタル出力を、本機に入力したところ最初認識してくれず、焦りました。いろいろと試したところ、PCの出力設定を192kHzでずっと使っていたのですが、これではNGで96kHzにしないと認識しませんでした。audio-technicaのヘッドフォンアンプAT-HA25Dでさえ192kHzに対応しているのですが、とりあえず96kHzに落として使うしかなさそうです。まあ対応音源が手持ちになく、聞き比べても違いは分からないとは思いますが…。

ちょっと気になったのは、天板に放熱の穴が開いているので、中の基板などが丸見えです。埃が溜まることが想像に難くないのですが、誤作動や故障をしなければよいのですが。

とりあえず繋いでいるスピーカが自作のしょぼいスピーカセットなので、ましなものにしたいところです。

| | コメント (0)