無線

2017年5月 4日 (木)

ライセンスフリー無線オンエアデイにプチ参加

GW特別企画?としてフリーライセンス無線のオンエアデーが開催され、昨晩よりワッチしたところCB、DCR、特小が賑わっておりました。

私は自宅固定からDCRのみで参加しました。私のコールサインはトウキョウZZ683で、交信いただいた各局は次の通りです。(平仮名表記とさせていただきました)

  • にいざKH369/1 高崎市榛名山中腹
  • たいとうHR720/1 八王子市高尾山山頂
  • ちばCB25/1 飯能市棒ノ折山山頂
  • さいたまJZX100/1 飯能市美杉台公園
  • みずほKN504/1 瑞穂町六道山
  • とうきょうHO110/1 稲城市(緑地公園?)

結局、アマチュア無線でHFハイバンドと6mがオープンしてましたので、こちらに多忙となり、ライセンスフリー無線が疎かとなってしまった次第です。

| | コメント (0)

2017年5月 3日 (水)

JJ1DQR局とQSO

本日433MHz FMにて、JJ1DQR局と20数年ぶりにQSOできました。

JJ1DQR局は、私が学生の時によく51MHz FMにてラグチューをさせていただいたローカル局です。夏場にDQR局とQSO中にHL局からブレイクされたなんてことも良き想ひ出です。当時は51MHz FMでラグチューをしていたローカル局がほかにも多くおりましたが、いまでは皆無となってしまい寂しい限りです。

そんな中、JJ1DQR局が復活され、実際にQSOさせていただき、非常に感動している次第です。

当時のリグの話や、DQR局が運用されたパラオのレンタルシャックなどの楽しい話をさせていただきありがとうございました。

DQR局はかつての羽村市からQSYされましたが、私の実家からは近く、どの周波数でもQSOできそうな勢いで、今後もラグチューをさせていただければと思っています。

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

KENWOOD TPZ-D553

もう昨年ではありますが、IC-DPR6は別件で使うことになってしまったので、TPZ-D553を導入しました。

Tpzd553 TPZ-D553

IC-DPR6よりもスリムで、スキャンができるため重宝してます。

マイナス点としては、ボリュームを電源OFF直前まで絞っても音が出てしまうのはちょっといただけない感じです。

本体だけでは設定できない項目もあるため、PCと連携するケーブルも使ってみました。ソフトの使い勝手は普通ですね。とりあえず、お約束?の起動画面にアマチュア無線のコールを試しに出してみました。CBコールでもぎりぎり収まるでしょうか…。

Start

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

QSOパーティ参加証 2017

私的には、1993年、2005年に引き続きまして、三枚目の酉となりました。

ちなみにQSOパーティは、1986年の寅から始めまして、なんとなく続いております。

(1985年の正月は開局しておりましたが、残念なことにQSOパーティの存在を知りませんでした。)

2017 酉 2017

| | コメント (0)

2016年11月19日 (土)

JR0WS

長野市内のアパート1Fでは、433.00を聞いていてもまず聞こえてきません。なので、アマチュア無線はほとんど聞いていなかったのですが、職場の先輩から、聖山山頂のレピータJR0WSが広域でアクセスできると教えていただき、さっそく室内にて受信してみました。59オーバーで聞こえました。VX-8のL1に10cmくらいのホイップアンテナでも楽にアクセスできています。これは重宝しそうですが、無変調やらなにやら出てきて、聞き苦しいですね・・・(^^;

| | コメント (0)

2016年8月27日 (土)

ライセンスフリー無線完全ガイドとCBマニュアル

中々みつからなかったライセンスフリー無線完全ガイドをオリオン書房ノルテ店(立川市)で発見し、いちよう購入しました。ノルテ店では5冊ほど残っていました(8/26現在)。

内容としては、まあこんなものかなという感じで、購入しなくてもよかったかも。

ただし、今は亡き皆川先生の市民無線活用マニュアル(CBマニュアル)が紹介されており、昔買ったのを思い出し発掘してみました。自分が持っていたのはNo.2です。

Cb_manual1 表

Cb_manual2 裏

こちらの方が、ゆくゆくはアマチュア無線の免許を取って活躍しようという内容もあり、無線家向けでしょうか。
ちなみに購入当時、小学生くらいだったため、結局CBトランシーバを買えず、数年後にICB-790Tを買うまでは、ただ眺めるだけで終わりました…。

| | コメント (0)

2016年8月17日 (水)

C560

C560の電源を数年ぶりに入れてみました。ざっと使用したところでは、特に問題はない模様ですが、細かい測定をすればあちこち経年劣化が生じているのでしょう。

このC560は、アキバのT-ZONEで1995年頃に購入しました。私的には学生時代にだいぶお世話になりまして、結構思い入れのあるハンディ機です。どうでもよいことではありますが、学生実験のティーチングアシスタントあるいは八王子科学館のアマチュア無線クラブのお手伝いのバイト料で購入したような気がします…。

そんなC560ですが、初期ロットだったためか、数か月で受信ができなくなるという不具合が発生し、水晶を交換してもらいましした。やはり初期ロットに飛びついて、メーカのデバッグ作業の手伝いはしてはいけませんね(^^;

C560_2 C560

C560は日本マランツ(STANDARD)の144/430/1200の3バンドFMハンディ機です。144/430はMAX 5Wなのに対し、1200MHzはMAX 35mWという仕様になっています。

当時は1200MHzのレピータも数多く存在してましたので、八王子市の大学工学部棟4Fからでも35mWにホイップアンテナにてあちこちとアクセスできました。35mWでも結構飛んでいるなと感心した次第です。まあレピータ局のアンテナ設備が良かったのが大きいかとは思います。

とりあえずほこりまみれだったので、磨いておきました。次に電源を入れるのはいつだろうか…。

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

インターフェア発生

室内にて、デジタル簡易無線トランシーバ(付属ホイップアンテナに5W)を送信すると約2mほど離れたところで稼働しているSHARPの空気清浄機FU-E51が反応して、静穏で動作していたものが、MAXで吸引を始めてしまうことが分かりました。5mくらい離れても反応していました。匂いセンサがデジタル波を嗅ぎ取ってしまっているようです(^^;

ちなみに433MHz帯ハンディ機FM 1W送信でも反応していたので、デジタル波かどうかは関係ないようです。50MHz帯や144MHz帯FM 5W送信では反応しませんでした。

まあ室内で送信しなければよいのですが…。

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

デジタル簡易無線

かなり今更感はありますが、デジタル簡易無線(351MHz帯)を始めてみました。

始めるにあたり、無線局登録状の申請が必要なので、総合通信局に書類を提出しました。登録には、登録と包括登録の2種類ありまして、2台以上使用する(登録する)可能性があるならば、包括登録をするとのちのち費用が安くなるとのことで、こちらで申請しました。ちなみに申請から登録状が届くまで10日かかりました。

無線機は、第2世代?にはなりますが、発売されてから日がたっており安くなっていましたicomのIC-DPR6にしました。3.5万円ほどで売られています。勝手な見解ではありますが、デジタル復調部等は、最新機の方が改善されていそうな気がしますが、値段でこれにした次第です。なお追加で外部マイクスピーカとモービルホイップも購入しました。

自宅や車載などでの運用では、DC供給ができると便利なのですが、本体に直接DCジャックはありませんし、オプションにも用意されていませんでした。ネット検索すると、多くの方がDCアダプタを自作されているので、私もまねて作成しました。

用意したものは単3電池ケースBP-226とDC-DCアダプタSDD-15です。BP-226はIC-DPR6純正品のものよりも安く、また互換性があるのでこちらにしました。SDD-15は車のシガープラグに差し込むタイプのDCアダプタで、12Vまたは24Vを8Vに変換いたします。BP-226にDCジャック(EIAJ#2)を取り付けるだけなので手軽です。これらの改造は自己責任となりますのでご注意ください。

Bp226 中身

Bp226_2 外観

いちようおまじないで手持ちにあったコンデンサとフェライトコアをかましました。いつものごとく小汚いはんだ付けではありますが、通電確認してOKでした。

Icdpr6 外部電源で動作中
いまのところ、5W送信でも特に問題はありません。

自宅での運用体制が整いましたので、ベランダに仮設でモービルホイップを取り付けて、運用を開始しました。と言っても昨日からですが。

しかし、呼出CHを聞いていても一向に何も聞こえてきません。巷では、活気があるみたいな印象を受けたのですが、ちょっとがっかりです。

それでも呼出CHをつけっぱなしにしていたところ、本日、みずほKN504局のCQが入感したので、さっそく「トウキョウZZ683」にてコールいたしまして、初のデジタル簡易無線による交信をさせていただきました。みずほKN504局QSOありがとうございました。

10分間ほどの交信でしたが、無線機本体がだいぶ熱くなっていました。5W送信での、長時間交信は無理かな…。まあ強制的に5分間で送信が途切れる仕様になっているみたいですが。

しばらくはバンド内の様子を観察したいと思います。

| | コメント (2)

2016年6月19日 (日)

信州アクティブロールコール

信州アクティブロールコールが長野市聖山より開催されるとのことで、長野市内の犀川の河原に移動してみました。

CB無線の部は13:00から開始なので、少し前から受信を開始したところ、57くらいの強力な信号が届いておりました。しばらくしてから「トウキョウZZ683/0」にて、難なく初チェックインをさせていただきました。ナガノAA601局とも初QSOとなりました。私的には500mW AMによる交信を久しぶりにいたしました。

特定小電力やディジタル簡易無線は持っていなかったので、CB無線の部のみの参加でしたが、犀川からは十分に交信ができそうではありました。

チェックインしたときの天気は、こちらは雨がぽつぽつ降る感じでしたが、聖山山頂は悪天候のようでした。QRVお疲れ様です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧