« FDM-SW2の更新 | トップページ | TS-60S メモリバッテリ交換 »

2018年2月 4日 (日)

ATS-909X不調

久々にSANGEAN社のラジオATS-909Xの電源を入れたところ、AM(100kHz-29999kHz)が受信できなくなっていました。雑音のみが聞こえています。はじめはアパート室内ではローカル中波局の信号も弱くなるので、気づかなかったのですが、他のポケットラジオでも聞こえているのでこの不調に気づきました。

そこで外部アンテナにつないだりとか、RF GAINつまみの接触を疑ってしつこく回してみたりとか、電池の電圧が下がっているためと考え外部電源から供給したりとか、RESETボタンを押したりなどやってみましたが、回復しておりません。

なお炬燵のON/OFF時の雑音は拾っているので、どこかしらの周波数は受信しているようです。

いまのところFMは特に問題なく健在なので、このままFM専用機となり果ててしまうのか…。いましばらく様子を見てみます。

|

« FDM-SW2の更新 | トップページ | TS-60S メモリバッテリ交換 »

コメント

はじめまして 私も先日ワールド無線で購入電池を入れてFMは受信するがAMは受信出来ませんでした。しばらく北朝鮮の周波数に合わせ9650kHz 16時からスタンバイやはり無信号そのまま五分ほどしたらチョセンの声放送がいきなり受信してきました。しばらく聴いて もしかしたらMWも聴こえるようになっているか試したら受信出来ました。リセットしたり電池抜き差ししたりしてもダメだったのに自然に直りましたが次の日また同じSW MWが受信出来ません また短波に合わせてそのままほったらかししたらまた直りましたが不安なラジオです。ワールド無線で買いましたが保証書が付属していないのでこのまま泣き寝入りかもしれないですお気に入りなんですがね

投稿: BCLマニア | 2018年11月26日 (月) 23時42分

BCLマニアさん、コメントありがとうございます。

返信が遅れすみません。手元になかったのですが、こちらもやっと半年ぶりぐらいにATS-909Xを試せました。
以前はあれだけ何やっても長波から短波まで受信できなかったのですが、電源ONから通常に動作しておりました。
特に何をしたということもなく、電池を入れ替えたくらいでしょうか。

自分のは受信範囲拡大改造を施してしまったので保証が効かないのですが、時間があるときにでも再度開腹して電解コンデンサの液漏れ等をチェックしていきたいと思います。

それにしても聞きたいときにすぐに聞けないのは品質に難ありですね。

投稿: Jimmy | 2018年12月23日 (日) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FDM-SW2の更新 | トップページ | TS-60S メモリバッテリ交換 »