« FMレコパル | トップページ | 今日の無線 »

2014年11月23日 (日)

LAN用チューナ

LANに繋いで、同ネットワーク内の端末で視聴可能なPIXELA社のチューナPIX-BR310Lを導入してみました。いちよう無線LANで直接飛ばせる機種も各社あるようでしたが、無線LAN周波数が干渉し合うのもよろしくないので、既存の無線LANルータに接続する奴にした次第です。

まずは地デジとBSのアンテナを繋ぐため、分配器を買ってきまして、今使っているテレビから、分岐して、チューナ本体に繋げました。本体のセッティングなどは簡単で、付属のB-CASカードを差し込んで、LANケーブル、ACアダプタを接続するなどして準備完了で、あとはスマホやタブレットで専用アプリを落としてきて、それでchスキャンして完了と、手軽に導入できました。接続ですが、本チューナ→8ポートハブ→無線LANルータと繋ぎまして、無線LAN経由でスマホやタブレットを使って視聴してます。ちなみにスマホはSC-02B、タブレットはNEXUS7(2012)とやや古めの機種ではありますが、設定を高画質にして、どちらも問題なく観れてます。ちなみにテレビと比較すると3、4秒程遅延して再生されますが、ストリーミングして、伝送しているかと思うので、まあこんなもんではないでしょうか。

これで寝際の寝っ転がりながらの視聴も可能となりました。いままではワンセグで見ていたのですが、ちょっと位置を変えるだけで電界強度が激しく変化し、観れたり見れなかったりとかなり不便でした。

ただし残念なのが、Windows7用のソフトがなく、8.1でしか動作しないようで、この点は大不満ですね。8.1マシン持ってないし。

→Windows7は、まだまだ需要があると思うのですが…。

|

« FMレコパル | トップページ | 今日の無線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FMレコパル | トップページ | 今日の無線 »