« イヤーパッドひび割れ | トップページ | fx-5800P »

2014年5月18日 (日)

ミキサ導入

机上では受信機4台体制でワッチしております。本体スピーカでは音質が芳しくないので、それぞれに外部スピーカを接続してました。しかし机が広くないので、4台の音声をまとめて1台の外部スピーカで鳴らすようにしました。そのためにオーディオミキサを使うわけですが、自作しようとしたのですが、ケース加工の手間やら部品集めで既製品よりも高額になりそうだったので、audio-technicaのAT-PMX5Pを購入してみました。

Atpmx5p_2 AT-PMX5P

いちよう出力側にはイコライザを挿入しアクティブスピーカに繋ぎました。 このミキサはモノラル4ch とステレオライン1系統が入力できます。受信機はモノラル出力なので、4chで事足りてます。入力レベルはTRIM調整で可能です。いちようステレオスピーカであれば、PAN調整で左右に出力先を振れます。電源は、ACアダプタが付いてきますが、AC電源周りがわずらわしいので、安定化電源経由で12Vを供給してます。なおプラグは極性統一となってます。

これでスピーカが1台に集約でき、机上がすっきりしました。

|

« イヤーパッドひび割れ | トップページ | fx-5800P »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イヤーパッドひび割れ | トップページ | fx-5800P »