« 続・DX-R8のピー音 | トップページ | RAD-S512N »

2014年4月 2日 (水)

ロシアの声も終了

昨日ではありますが、ロシアの声(旧モスクワ放送)の日本語放送が終了してしまったようです。短波の5965kHzを聞いてみましたが、入感なしでした。ほかの言語も同様に放送していないようなので、完全に終了の模様です。

私的には小学生の時に、中波1251kHzのモスクワ放送の日本語放送を聞いたことで、BCLを始めたこともあり感慨深いです。おそらく最初に手にした海外放送局のベリカードもモスクワ放送だったかと思います。(もしかしたら北京放送かも)

それにしてもモスクワ放送にて、番組間のつなぎやISに使われていた「モスクワ郊外の夕べ」が聞けないのはさびしい限りです。キエフの大門も良かった…。(これはロシアの声になってからですかね)

|

« 続・DX-R8のピー音 | トップページ | RAD-S512N »

コメント

そうなんですか。寂しいですね…
私も最初に聞いた海外放送がモスクワ放送でした。
ネットで普通にラジオが聞ける時代、短波放送は厳しいのでしょうか。

投稿: yasuho | 2014年4月 3日 (木) 05時39分

そうですね。短波放送はメンテ等諸々維持費が大変かと思います。リスナーも減っている現状ではやはり衰退方向なのでしょうね。それにしてもさびしい限りです。

投稿: Jimmy | 2014年4月 3日 (木) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・DX-R8のピー音 | トップページ | RAD-S512N »