« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

続・DX-R8のピー音

久々に土曜日が暇なので、DX-R8で17700kHzのR.PILIPINASを聞いてます。信号強度はまずまずなのですが、ピーという異音というかビート?がかぶって聞きにくいですね…。このピー音は聴力検査の時に聞く音にも似ているのですが。ちなみにNRD-345からは出ておりません。どうもこのDX-R8から出ているピー音は、10kHz下の17690kHzのRFAの強力な信号による影響のようです。というのもこのRFAの信号強度に異音のレベルも追従している感じなので。いちようIF SHIFTで上側に逃げるとピー音が消えます。まあ素直に15640kHzのパラ送信を聞けということか…。

やはりDX-R8は隣接・次隣接chあたりの信号に影響されるほど虚弱体質ということですかね…。あるいはフィルタ交換時の何某かの失敗か…。

| | コメント (0)

2014年3月23日 (日)

本日の10MHz

本日も、午前中から移動局や記念局が多くにぎわっていた10MHz帯(30mバンド)を中心に無線を少々やってました。北海道から沖縄まで国内まんべんなく聞こえた感じで楽しめました。30mではSSBなどの電話が使えないので、私の場合モールスで出てます。QSOもラバスタなわけで、短時間で多くの局と交信できます。また2アマよりも上位の資格がないと出れないため、7MHzほど混んでいないので、パイルアップになっている局も15分程度も待っていればそこそこ空いてきて、交信できる確率が上がります。まあ自宅の設備では、中々順番は回ってきませんが…。

現在、私の中では、6mに次いで運用出番が多くなっているバンドです。

| | コメント (0)

2014年3月16日 (日)

本日の50MHz

約2週間ぶりに50MHz帯を聞いてみました。うちの5エレ八木でも海外局があちこち聞こえておりました。オーストラリア、ニューカレドニア、トンガ、マレーシアあたりが大変よくオープンしており信号も強かったです。とりあえずモールスにて、トンガとマレーシアの局と交信できました。

| | コメント (0)

2014年3月 9日 (日)

Tmate 2

以前から気になっていたTmate2を購入してみました。イタリアのWoodBoxRadioのオンラインショップより購入し、個人輸入しました。

Tmate 2は周波数、音量などを可変できるコントローラです。これによりPerseusのようなSDRを通常の受信機のように操作できる喜び?が味わえる代物です。

Tmate21 Tmate 2

Perseusのソフトで使用するには、ちょっとした手間が必要となります。この辺りはWoodBoxRadioのTmate2のホームページなどに載っております。自分も忘れてしまうのでメモ代わりに簡単な手順を示します。

まずVirtual Serial Port Emulator (VSPE)をインストールします。インストール完了後起動し、Connector(COM10)、Splitter(COM10=>COM11)と設定します。この辺りは使用環境に合わせる必要がありそうです。ちなみに64bit版Windowsで使用していますが、無料の32bit版を使用しています。

Vspe VSPE

次にPerseusソフトを起動します。いちよう最新版を使用してます。

Perseus Perseus 4.1a

そしてWoodBoxRadioのTmate 2コーナにあるTmate 2 CAT Consoleソフトをダウンロードし実行します。

Tcc Tmate 2 CAT Console V006

Serial PortをCOM11、Connect toをPerseusに設定し、STARTボタンを押すとTmate 2のLCDに周波数などが表示され、バックライトが点灯し、Tmate 2が接続されます。

これで、周波数はメインダイアル、音量はE1、フィルタ帯域幅はE2で可変できるようになります。他にはファンクションキーF1はNR ON/OFF、F2はNB ON/OFF、F3はAN ON/OFF、F4は周波数可変ステップダウン、F5はアップが可能となります。やはりダイアルで操作できるといかにも受信機をいじっているような感覚が味わえてよろしいかと思います。

Tmate 2 CAT Consoleソフトでは、細かい調整が可能です。バックライトの色も変更できます。

Tmate22 バックライトの色を変更

なお私のPC環境では、Tmate 2 CAT ConsoleのSTARTボタンを押すとソフトが固まったり、Connection Errorが頻繁に出ます。ソフトを再実行したりして、数回試みると接続されます。何が悪さしているのか不明ですが、まあ使えているのでよしてします。(もしかしてソフトの立ち上げ順番が間違ってたりするのかも。もう少し試行錯誤が必要か・・・)

| | コメント (0)

2014年3月 2日 (日)

ハンディウォーマ

ここのところまた寒くなりました。本日も真冬の寒さでした。親が懐炉が欲しいとのことで探していたところ、昔ながらのハクキンカイロを試そうかと思っていました。知人がZippoの奴がよさそうと言っていたのを思い出し、オイルとセットになっている奴を購入してみました。Amazonで2500円くらいでした。いちよう商品名としてはハンディウォーマだそうです。

Body 本体

まあロゴがZippoになっているだけで、ハクキンカイロそのもののようです。 初めて使用したのですが、オイルを計量カップに注いで本体に流し込み、バーナと呼ばれる部分をライターで数秒炙ると、ほのかに温かくなりました。ポケットに入れておくと十分なくらいの発熱量はあるようです。

初めて知ったのですが、オイルを燃焼させているわけではなく、気化したオイルが触媒(ハクキン?)と反応して発熱するんですね。

ちなみにセットにはケースもついてます。ケースに入れないと熱いぐらいかもしれませんね。

Case ケース

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »