« 本日の10MHz | トップページ | ロシアの声も終了 »

2014年3月29日 (土)

続・DX-R8のピー音

久々に土曜日が暇なので、DX-R8で17700kHzのR.PILIPINASを聞いてます。信号強度はまずまずなのですが、ピーという異音というかビート?がかぶって聞きにくいですね…。このピー音は聴力検査の時に聞く音にも似ているのですが。ちなみにNRD-345からは出ておりません。どうもこのDX-R8から出ているピー音は、10kHz下の17690kHzのRFAの強力な信号による影響のようです。というのもこのRFAの信号強度に異音のレベルも追従している感じなので。いちようIF SHIFTで上側に逃げるとピー音が消えます。まあ素直に15640kHzのパラ送信を聞けということか…。

やはりDX-R8は隣接・次隣接chあたりの信号に影響されるほど虚弱体質ということですかね…。あるいはフィルタ交換時の何某かの失敗か…。

|

« 本日の10MHz | トップページ | ロシアの声も終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の10MHz | トップページ | ロシアの声も終了 »