« 大雪 | トップページ | 50MHz VKオープン »

2014年2月15日 (土)

またも大雪

昨日はまた大雪となりました。帰宅に5時間を要すという悲惨な目にあったのでその顛末でも書いておきます。

会社を出たのが17:30頃ですが、バスがなかなか来ず、三鷹駅に着いたのが18:05頃でした。ここからが悪夢です。まずこの時点で、中央線は15時頃の人身事故と16時頃?のシステム故障により遅延が発生していた模様。改札から入るとまず中央線下りホームに降りられません。というのも中央線車両が混雑により乗れないため入場規制しておりました。15分ほど様子見ていましたが、ホームに降りられませんでした。ではということでいったん改札を出てバスで西武線に逃げようとしたのですが、すでに長蛇の列。20分くらい雪の中並んでみましたが、バスが来る気配なし。再度JRの改札に入り、しょうがないので吉祥寺駅まで行き京王井の頭線で遠回りすることにしました。ここで気づきましたが、中央線上りはホームへの規制が行われておらず、スムーズに吉祥寺に着けました。しかも吉祥寺駅の中央線ホームは、上りと下りが同一なのでここで待てば下りに乗れることになります(^^; しかも無理をすれば乗り込めそうな感じでした。しかしこの先鮨詰めになるのは目に見えているので、やはり遠回りコースをとりました。ちなみに吉祥寺駅では中央線のホームへの規制が始まったばかりなのか緩く、簡単にホームに登れそうでした。次回、三鷹で下りのみ規制していたら、上りで吉祥寺まで一旦行ってみて様子見るのも手かなと思った次第です。でもって19:00頃発の京王井の頭線に乗りました。混雑もなく座って明大前まで進めました。ただし速度は落としており、20分くらいかかったでしょうか。明大前から分倍河原は京王線なのですが、やはり混んでおりました。それでも特急が動いており、やや鮨詰めのなかなんとか分倍河原にたどり着き、南武線に乗り換えです。しかし分倍河原の手前で京王線が10分くらい停車してしまい、サウナ状態の中きつかったです。車内アナウンスでは、踏切の異常を確認中とか言っておりましたが、おそらく分倍河原駅での人があふれるのを考慮した時間調整なのでしょうね。分倍河原には20:30頃に着きまして、やはり南武線が出た直後でした。冷たい風が吹きホームに雪が吹き込む中待ち続け、南武線は20:45頃着きまして、立川まで進みました。ちなみに南武線はやたらと隣の西府駅で降りまして、座れませんでしたが、空いてました。立川には21:00頃着いたと思います。通常三鷹から立川までは約20分ほどでつけるのですが、この時点で、3時間くらいかかっておりました。次は青梅線ですが、こちらはわりと乗り継ぎよく21:05発の奴に乗れました。まあまあ混んでいましたが、鮨詰めではありませんでした。そしてやはり徐行なので拝島には21:20位につきました。ここで初めて知らされたのが、八高線が動いていないという事実です。復旧のめどが立たないということでした。となると、拝島からタクシー、青梅線で羽村まで行ってタクシー、青梅線で昭島まで一駅戻りバスに乗るかの3択が考えられました。しかし青梅線自体がやはり30分に一本程度しか動いていないようで、下りは当分来ないとのこと。拝島のタクシーはやはり長蛇の列だったので、たまたま上りが来るということで、昭島駅からのバスに賭けてみることにしました。21:40頃に拝島に着いた青梅線立川行きに乗り込み、昭島で下車。急いで改札を出てバスロータリを見るとなんと立川バスの箱根ヶ崎駅行が止まっているではありませんか! ダイヤ通り動いていないようでしたが、21:50頃に出発しました。乗客も5人程度と余裕で座れました。会社から三鷹駅までのバスは座われたので、それ以来の着席でございます。4時間ほど立ちっぱなし。しかも冷えているので、体力を消耗しもうへとへとでした。バスはチェーンを装着しているので乗り心地は最悪でしたが、それでもほっとした次第です。自宅は箱根ヶ崎駅よりも手前なので、そこで降りました。バス停から自宅まで500mほどあるのですが、踝上くらいの積雪の中なんとか帰宅できました。ちなみに家に着いたのは22:30頃でした。実に会社を出て5時間…。疲れ果てましたね。

最後に、今回は帰宅できない悪夢も考えられただけに、立川バスに感謝です。

|

« 大雪 | トップページ | 50MHz VKオープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雪 | トップページ | 50MHz VKオープン »