« 2014 QSOパーティ参加 | トップページ | GT6を少々 »

2014年1月 5日 (日)

ロシアの長波放送など

月刊短波によるとロシアの国内向け長波放送が1月9日に終了してしまうようです。現在自宅では279kHz以外は聞こえないのですが、しかも減力放送のためか信号が弱く、何某かからのディジタル?ノイズにやられてしまい状態よく聞こえません。279kHzが終了するのか不明ですが、いちよう録音しておこうかと思っています。

以前は、ICF-7600Dの内蔵バーアンテナでも、153kHz、189kHz、243kHzなどいろいろ聞けたような気がしていますが、いまとなっては279kHzのみ。しかもか細い信号で、雑音に負けており残念です。ロシア語はわかりませんが、なんとかなく寒々しさの中にも独特の雰囲気が醸し出されており、かかる音楽がわりともの悲しいものが多く、これら長波放送は好きでした。

ちなみにロシアの声(モスクワ放送)の日本語も今年度で終了してしまうようなニュースも聞こえてきており寂しい限りです。しかも中波放送は既に終了してしまったようです。そういえば1251kHzのモスクワ放送は思い出深いです。ニッポン放送にかぶりまくりでしたが、外国からの放送と知った時は感動したものです。小学生の時にレポートしていただいた海外日本語放送ベリカード1号は、確か1251kHzのモスクワ放送だったかと思っています。(もしかしたら北京放送か平壌放送だったかも…)

|

« 2014 QSOパーティ参加 | トップページ | GT6を少々 »

コメント

短波放送をはじめ、海外向けの放送がどんどん終わってしまいますね。寂しいですが、これも時代の流れでしょうか。

BCLをはじめ、アナログラジオは何が飛び込んでくるか分からないワクワク感がありました。あの感覚はデジタルチューニングやインターネットでは味わえないですね :)

投稿: yasuho | 2014年1月 6日 (月) 22時05分

本年もよろしくお願いします。

短波放送は閉局が多く、さびしい限りなのですが、なんとか聞き続けようかと思います。

投稿: Jimmy | 2014年1月 8日 (水) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014 QSOパーティ参加 | トップページ | GT6を少々 »