« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

10mの様子

台風でHFアンテナをやられてしまっていて、10m(28MHz帯)のモチベーションが下がっていたのですが、いちようまだ太陽黒点数が高い時期ですし、秋のDXシーズンなのでとりあえずヨーロッパに期待して、夕方に聞いてみました。SSBの方は全世界的なコンテストが開催されており、出る隙間がないほどにぎわっておりました。CWの方はヨーロッパ方面がまずまず聞こえておりました。とりあえず100W機と台風でも生き残ったマルチバンドのGPアンテナを使ってオランダ局を呼んだところ交信できました。なんとか電離層のコンディションは良好なようです。

一昨年は自宅のしょぼい設備(50W機にロータリダイポール)でも10mCWにてアフリカやヨーロッパなどの局と多く交信できましたが、昨年の10mはたまたまかもしれないのですがいまいちだったような気がします。今日聞いた感じでは、今年は期待できそうです。となると太陽黒点数ダブルピーク説もあながち噂ではないかもしれません。ただし、もう少し様子見が必要かもしれません。

| | コメント (0)

2013年10月19日 (土)

クラウド風ソフトウェア・ラジオ

トランジスタ技術2013年11月号で紹介されている「Raspberry Piで作るクラウド風ソフトウェア・ラジオ」を試してみました。ちなみにソフトウェアラジオ(SDR)特集に惹かれまして、久々にトラ技を購入した次第です。

話題のRaspberry Piは持っていないので、SheevaPlugで試しました。なおSheevaPlugはDebian Wheezyに換装してあります。

トラ技のP.78にosmocomSDRのソフトRTL-SDRのインストール方法が書いてあり、そのまま実行していきます。しかし記事通り進めると./configureした後のmakeでエラーが発生してしまいました。なのでosmocomSDRの本家ページに飛んで記載されている方法でコンパイルしなおしました。インストール後はrebootします。

まずはrootでログインしまして、Aitendoで購入したSDRドングル(R820T)をSheevaPlugに差し込むと自動で認識されました。SheevaPlugにはオーディオ出力がないので、トラ技の記事のクラウド風リモート操作の手順で動作確認できました。

Sv_sdr SheevaPlug + R820T

Sv_sdr_s SDR#

簡単な設備でもリモートでSDR体験ができ、いろいろと応用できそうです。

| | コメント (0)

2013年10月14日 (月)

技術士第一次試験

技術士第一次試験が行われました。受験された皆様方、お疲れ様でした。

私も今回初めて技術士第一次試験を受けてきました。会場は池袋の専門学校。いちよう電気電子部門でチャレンジしました。

専門と基礎の方はなんとか手ごたえありな気配でしたが、採点を見るまでは安心できませんね。マークミスや勘違いなど、糠喜びの可能性もあるわけでして…。

しかし、私にとっては、やはり適性が一番難しいかも。ということは技術士の適性なし?それでもなんとか50%以上達してほしいところです。(ネット掲示板等を見ると今年の適正は難しかったようです)

| | コメント (0)

2013年10月 6日 (日)

HP Prime

HPから新しいグラフィカル電卓 HP Prime が発売されるようです。TI Nspire CX CASやCASIO fx-CG20のライバル機?と同様のカラーLCDとなります。

CPUはHP 50gなどでお馴染みのARM系で、ARM9 400MHzとのこと。RPNも装備。電池はNspire CX CASと同じく専用リチウムのようです。リチウム電池ですと本体寿命よりも、専用電池販売中止などとともに使えなくなりそうなのが残念です。まあ外部電源供給で使えるとは思いますが…。fx-CG20は単4電池×4で頑張っているので評価したいところです。

HP Primeですが、Amazonで10/8発売予定となっておりました。ジュライからの発送、並行輸入品で、価格は10/6現在17900円となっております。

使ってみたいのですが、やはり高価なため、オークションで出回る数年後にでも、物色しようかと思います。

| | コメント (0)

2013年10月 1日 (火)

切手

会社が休みだったので、所用で郵便局へ行ってきました。

とりあえず記念・特殊切手が並んでいたので、眺めているとかわいらしいものがあったので、とりあえず購入しました。

まずは秋のグリーティングのぽすくまです。額面50円と80円があります。

50 ぽすくま 額面50円

80 ぽすくま 額面80円

次はほっとする動物シリーズ第1集です。

50_2 ほっとする動物 額面50円

80_2 ほっとする動物 額面80円

これらはいまどきのシール式ですね。以前に、米国で炭疽菌事件があったころから、切手を舐めて貼る必要のないシール式が多くなってきたような気はしますが…。私的には昔ながらの糊タイプがいいかなあと思います。

昔は記念切手などは同じ図案のものが1シート20枚とかの構成でした。なので最低1枚買えば収集できたのですが、最近は1シート中すべて図案が違うことが多く、まとめて買うようなパターンになってしまうので、結果として高くつくのが痛いところでしょうか。学生のころはちょくちょく買っていたのが、遠のいてしまった理由の一つではありますね…。まあ今回の切手だけで50×10×2+80×10×2=2600円も払っています。やはり高価すぎるような・・・。

次は、久しぶりに国際文通週間の切手でも買ってみますかね。国際文通週間の切手は日本を象徴するような絵画や図案が使われるので、外国の方には好評のようです。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »