« SheevaPlugにeSATAコネクタ増設 | トップページ | 5V USB電源の製作 »

2013年8月 4日 (日)

R820T

pa-art師匠に触発され、Realtek社のRTL2838U内蔵のR820Tを使用してSDRを試してみました。なおR820Tは、AitendoでワンセグRX(DVB-T+DAB+FM)として売られ、 999円でした。

R820t1 ドングル

外見は太めのUSBドングルです。

R820t2 横

アンテナ端子は横についてます。

SDRソフトはSDR#を使ってみました。必要なドライバのインストールなど少々手間取りました。インストールなどについて参考になったのは、icom社のOnlineとーきんぐNo.153の記事やJA7VRAさんのホームページが参考になりました。

Sdr SDR#

インストール後ソフトを起動させると変なエラーメッセージ?が出ますが、無視して進めるといちよう起動しました。試しにFM放送を聞いてみましたが、ステレオで受信できています。フィルタ幅を自由に調整できるので、Es DXやコミュニティFMなどを追いかけるのに重宝しそうです。また業務用無線やエアーバンドなども問題なしです。

pa-art師匠の情報によると、アンテナを基板の所定の箇所に直付けすると中波なども聞こえるようになるようです。ただしフィルタを用意しないと、オバケ出まくりのようですが。

なお付属アンテナはしょぼすぎるので、外部アンテナは使いたいところです。またドングルの発熱が高めなのが気になりました。しばらく使っているとかなり高温になります。

本R820Tは、カンタンな設備でSDRを体験できるので貴重なグッズかと思います。

|

« SheevaPlugにeSATAコネクタ増設 | トップページ | 5V USB電源の製作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SheevaPlugにeSATAコネクタ増設 | トップページ | 5V USB電源の製作 »