« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月25日 (日)

フウセンカズラだった

毎年、親が庭に植えていてグリーンカーテンとしていた植物がホオヅキではなくフウセンカズラだったことが判明。自分が勝手にホオヅキだと勘違いしていただけなのですが。

とりあえず2Fのベランダにも一鉢ですが、設置してみました。いちよう涼しげです。6月ごろに種を蒔いて、現在こんな状態になっています。下方には茶色くなっている実もあり種も収穫できそうです。

Photo

上の方はまだまだ青いです。

Up

来年用に、秋口にでも種を収穫しておこうかと思います。

| | コメント (0)

2013年8月16日 (金)

5V USB電源の製作

夏休みに入って気力減退の今日この頃でしたが、本日久々に電子工作してみました(SheevaPlugでチップコンをつけたか…)。とりあえず5V USB電源を製作しました。グダグダと始めたのですが、いちよう半日ほどで完成。

Up 中身

電源といっても既存モジュールをケースに組み込んだようなものです。いちようガラケー、スマホ、WiFiルータ、3DSなどを同時に充電できるように、モジュールは5V 10Aのものにしました。DC側のフィルタは不要だと思いますが、手持ちのC(1000μF)とL(不明)で適当に組んで挿入しておきました。

All フロント

フロント部にあるUSBコネクタは、2段のものを2個使用しました。ちなみに実験用にも使えるようにリア部にはバナナプラグを差し込めるターミナルを取り付けておきました。

ほとんど既存のものをケースに組み込んだだけなのですが、例のごとくケース加工に時間がかかりました。特に、すぐ終わるかと思い炎天下の下で、やすり掛けしましたが、思いのほか手ごわく辛かったです。

これで機種ごとにACアダプタを用意したり、PCを起動したりなどせずとも、充電時にはこれ一台ですむので、いちよう重宝しそうではあります。

| | コメント (0)

2013年8月 4日 (日)

R820T

pa-art師匠に触発され、Realtek社のRTL2838U内蔵のR820Tを使用してSDRを試してみました。なおR820Tは、AitendoでワンセグRX(DVB-T+DAB+FM)として売られ、 999円でした。

R820t1 ドングル

外見は太めのUSBドングルです。

R820t2 横

アンテナ端子は横についてます。

SDRソフトはSDR#を使ってみました。必要なドライバのインストールなど少々手間取りました。インストールなどについて参考になったのは、icom社のOnlineとーきんぐNo.153の記事やJA7VRAさんのホームページが参考になりました。

Sdr SDR#

インストール後ソフトを起動させると変なエラーメッセージ?が出ますが、無視して進めるといちよう起動しました。試しにFM放送を聞いてみましたが、ステレオで受信できています。フィルタ幅を自由に調整できるので、Es DXやコミュニティFMなどを追いかけるのに重宝しそうです。また業務用無線やエアーバンドなども問題なしです。

pa-art師匠の情報によると、アンテナを基板の所定の箇所に直付けすると中波なども聞こえるようになるようです。ただしフィルタを用意しないと、オバケ出まくりのようですが。

なお付属アンテナはしょぼすぎるので、外部アンテナは使いたいところです。またドングルの発熱が高めなのが気になりました。しばらく使っているとかなり高温になります。

本R820Tは、カンタンな設備でSDRを体験できるので貴重なグッズかと思います。

| | コメント (0)

2013年8月 3日 (土)

SheevaPlugにeSATAコネクタ増設

ブートさえできなくなり文鎮化していたSheevaPlugですが、偉大なる先人のホームページなどを参考になんとかJ-TAG接続で初期化して、U-BOOTの更新とDebianへの換装が無事終了しました。いちようDebianはSDHCに突っ込みました。(なおU-BOOTのバージョンは2011.12-3です。最新版を入れたら、FATの読み込みに失敗するようでした。)

そこで次にeSATAのコネクタを増設することにしました。&師のバージョンではeSATAコネクタを増設するだけでOKとのことだったのですが、自分のやつはチップコンデンサの追加もしなければなりませんでした。しかもこのチップコンのサイズが1005とアラフォ世代以降の方には厳しいものになっています。なおチップコンは&師に調達していただき感謝申し上げます。

Chipcon 1005チップコンデンサ

1005は小さいですね。

Kiban_2 C189, C190, C188, C164

例のごとく小汚いはんだ付けではありますが、なんとか手付しました。eSATAコネクタの方は特に問題もなく取り付けられました。次にeSATAコネクタの口をあけるためのケース加工です。ドリルで穴をあけてからやすりでならしました。

Ana 左からLAN, eSATA, USB

ついでに電源部はこんな感じです。

Power 電源部

やっとeSATAコネクタを増設でき、これでSheevaPlug+とか玄柴なみになったというところでしょうか。

早速、HDDを繋いでみたのですが、案の定、認識してくれません…。つぎはここですか。またしばらく時間がかかりそうです。

| | コメント (0)

2013年8月 1日 (木)

KTWRのDRMテスト放送3回目

7月初旬に行われたKTWRのDRMテスト放送に対して受信報告を提出しまして、本日ベリカードを受け取りました。

Ktwr3_2 KTWR

今回でテスト放送は3回目になります。送信所のあるグアム島から日本は距離的に近いこともあり状態よくDRMが受信できました。このまま日本語放送が開始されるとうれしいのですが…。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »