« Es まあまあ好調 | トップページ | 扇風機買換え »

2013年6月 2日 (日)

カラリオはルーズリーフ未対応?

アマチュア無線で使用している業務日誌としては、PC管理のハムログというソフトを使用していますが、同時に紙ログにも記入しています。この紙ログはPCで印刷したオリジナルのものを作って使用してます。その際、綴じるのに便利な多孔のA4ルーズリーフ紙を使用しています。しかしなんとカラリオEP-804Aは、ルーズリーフ紙を使うなという姿勢のようです。

Ok OK
このOK写真のように印刷するには、穴の空いている辺をトレイ正面から向って右側にして、かつプリンタの設定で上下逆さまを指定しなければならないという、大変面倒なつくりになっています。どうも穴の空いている辺を左に持って行ってしまうと、印刷時に紙を吐き出されてしまうので、左側に紙のサイズなどを見るセンサが仕込まれているのでしょう(推測)。したがって穴を右に持っていくと紙は吐き出されずに印刷できるのですが、印刷が上下逆になってしまうというお粗末さです。(下のNG写真)

Ng NG
なので穴を右にして上下逆さまに印刷する指定をしなければなりません。はっきり言って手間です。

まあメーカとしては、ただでさえ紙詰まりの多いカラリオなので、穴で引っかかりやすいであろうルーズリーフ紙は使わせたくないのでしょう。またセンサー位置が左側ではなくせめて右側であれば、紙をセットするときだけ気をつければ上下逆さま指定は不用となります。このあたりも改善していただきたいところです。

ルーズリーフ印刷しているあるいはしようとしている人は多いと思うのですが…。

|

« Es まあまあ好調 | トップページ | 扇風機買換え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Es まあまあ好調 | トップページ | 扇風機買換え »