« 真冬のEスポ発生 | トップページ | 上々颱風 »

2013年2月 3日 (日)

LoTW更新

今年度はいまのところ太陽活動が元気でないようで,地球の電離層の機嫌も悪く思うようにアマチュア無線にて海外交信もできずじまいです.

海外と交信しますとアメリカのアマチュア無線連盟(ARRL)が規定している,国や地域(エンティティーと言っているよう)の数を伸ばすことに興味が向いたりします.これを管理認証?するサーバをARRLが持ってまして,ここに各アマチュア局が交信したデータを送れば,エンティティーのカウントなどを自動?でやっていただけたりします.このデータアップロードを1年ぶりくらいにしました.データといっても海外交信分は,50局もないのですが.

久々なのでやり方をすっかり忘れてしまい,いろいろな方のホームページを参考にやってみました.特にJL1KLKさんの「HAM&BLC同時復活」というページは内容も新しく大変参考になりました.まずはHAMLOGという交信したデータを記録している電子業務日誌ソフトのデータをADIF形式(.adi)に変換するところから始まって,アップロード用の形式(.tq8)へ変換し,アップロードした次第です.このあたりは年代によって変わっているようで,.adiでアップロードできるような記述のホームページも残っており,注意が必要かなと思った次第です.

この春の太陽活動にも期待ですが,このまま低調で終わってしまう危険性が大なのかもしれません.

|

« 真冬のEスポ発生 | トップページ | 上々颱風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真冬のEスポ発生 | トップページ | 上々颱風 »