« ラジオモジュールを操作する(5) | トップページ | 白岡市 »

2012年9月30日 (日)

aitendoのAM/FMラジオキット

aitendoのAM/FMラジオキットを作ってみました.

組立説明書や基板,ケースは付属してません.aitendoのホームページに回路図があるので,それを見ながら,手持ちの小基板に組込んでみました.LA1800のピンピッチが2.54ではないので,空中配線で強引に接続しています.

Photo 小基板

いつもの?ジミーケースに入れてみました.

Photo_2 ケース組込

AMは感度よく聞こえています.ただしFMはさっぱり聞こえません.配線ミスはなさそうなんですが,バリコンとコイルを調整してみます.まあaitendoのことなので,すんなりとはいかないかもしれません….あと音量が大きめです.

(ちなみにこのキットは秋葉原のaitendoリアル店舗で購入しました.しかし肝心のLA1800が入っておらず,後日Pa-art師匠にご足労いただき,同店でバラで売っているLA1800のみ買ってきていただきました.Pa-art師匠には感謝いたします.それにしても部品が入っていないとは,昔の秋月のキットとかを思い出してしまいます….)

今晩は,このラジオで台風17号情報などを聞き続けようかと思います.

|

« ラジオモジュールを操作する(5) | トップページ | 白岡市 »

コメント

aitendo のLA1800+TDA2822使用のAM/FMtラジオキット6年の時を経て結線を確認し直して聴こえるようにしてみました。が、部品L1が無いことに気づきました。ウェブで調べてみると基板にプリントされたパターンらしいです。しかも!基板が99円で売られているし、今では同じ値段で基板付きで売られているとのこと…

投稿: 柴田孝基 | 2018年1月11日 (木) 15時01分

6年越しとはすごい!!
L1が基板に吸収されているのですね。
適当に線を巻いたもので代用できないのでしょうかね。

結局自分のはAM専用になったままですね…。

投稿: Jimmy | 2018年1月11日 (木) 23時15分

お返事ありがとうございます。
L1コイルは、写真をみ見ると、すずメッキ線 ドライバーに5巻ぐらいでいけそうです。計算してみます。厳密には周波数カウンタなどで計測しながら確かめるようです。

投稿: 柴田孝基 | 2018年1月12日 (金) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラジオモジュールを操作する(5) | トップページ | 白岡市 »