« ラジオモジュールを操作する(1) | トップページ | ラジオモジュールを操作する(2) »

2012年8月10日 (金)

MP600故障

とうとうCANONのプリンタMP600が故障してしまいました.いままで特に問題なく稼働していたのですが,本日,アマチュア無線のQSLカードを印刷しようとしたところ,太いタンクの黒がインク詰まりを起こしたようで,全く出なくなってしまいました.強力クリーニングなどいろいろと試しましたが,全くダメでした.いちようインクカートリッジの下まではインクが滲み出てきているので,本体の問題かと推察しています.なおインクカートリッジは純正のものを使い続けていました.修理すると高額になると聞いていますし,そもそもサポートが終了しているので,新しいものでも購入しようかと思っています.

いままでCANON機を使ってきて思うのは,相変わらずのすぐなくなる割にはインクが高額というところです.このインクで儲ける商法には付き合わざるを得ないのが癪に障るところではあります.いろいろと調査すると,本体・インクともに若干高額ではあるけれども,EPSON機の方がインクの持ちが良いような印象です.次はEPSONですかね.

(となると,うちからCANON製品が消えていくかも.いままでコンパクトカメラ,電卓,プリンタとCANON製品を使わせていただいてましたが,どれもいまいち感が拭えませんでした.コンパクトカメラは写りがよろしくなく,程なくPANASONICのものに買い替えました.プリンタは買った手前使い続けましたが,やはりコストパフォーマンス悪かったです.電卓に至っては,本体を水平な台の上に置くと片隅が浮いている始末で,キーを押す際にちゃかついてうんざりでした.はずれ製品を引き続けたのかもしれませんが.)

|

« ラジオモジュールを操作する(1) | トップページ | ラジオモジュールを操作する(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラジオモジュールを操作する(1) | トップページ | ラジオモジュールを操作する(2) »