« FT-209H | トップページ | fx-CG20 »

2012年2月 5日 (日)

Q460

PC等に蓄積した音楽を聴くのにAKGのK26Pを愛用しているのですが,寝る前にちょっと聞くためベッド脇に常駐させようともう一つヘッドフォンを入手しました.暑くて蒸れるので耳全体が覆われず,軽量なものを探して店頭でいろいろと試聴した挙句,結局またまたAKGのQ460というものにしました.カラーは白黒緑と3色あり,とりあえず黒にした次第です.重さは120gと軽いです.

Q460 Q460

Q460はK450に改良?を加えたクインシー・ジョーンズモデルだそうです.クインシー・ジョーンズ氏がどのように手掛けたのかは不明ではありますが.

Q460_k26p Q460 & K26P

フィット感はK26Pよりもやわらかい素材のイヤパッドが使われているので非常に良いです.締め付け感はさほどなく緩い部類です.音質はK26Pに似た感じです.効果があるのか不明ではありますが,エージングが済んだ後で聞き比べると,差があるのかもしれません.まあ私的にはこのままでも十分です.どちらのモデルも,この手の小型ヘッドフォンにありがちな,低音偏重型ですかね.Q460には,キャリングケースやリモコン付きコードなどのオプション類が付属してきます.私には関係ないので使用していませんが,リモコンはiPodなどApple向けのようです.ちなみに中国製なんで中華ヘッドフォンになります.

ちょっと気になったのが交換用イヤパッドの値段です.代理店?のハーマンのHPによるとQ460用は5250円だそうで,高価すぎます.本体を買った値段が1.2万円弱ですから,半分くらいはイヤバッドの値段ということになります.どうせ数年使えばぽろぽろになることは目に見えているので,一回くらいは購入することになるんですかね….これもよくあるプリンタ本体を安く販売して,交換インクで儲ける商法に似ている気がする.

|

« FT-209H | トップページ | fx-CG20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FT-209H | トップページ | fx-CG20 »