« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

User RPLの処理速度の違い

HP 50gで遊んでます.おもむろに内蔵USER RPLでプログラムをしていたところ,変な現象に陥りましたんでメモっておきます.

<< 1 1000 FOR J NEXT >>

単なる1000回ループです.これを実行したところ,いつもよりも速度が遅く感じられます.よくよく見ると数字の後に小数点がありません.そこで手動で追加しました.

<< 1. 1000. FOR J NEXT >>

ですといつも通りの速度が得られます.ちなみに上と下では,上の方が1.5倍くらい遅いです.

いつもならば,数字後に小数点を打たなくとも,プログラム記憶時に勝手に付加されていたと思います.しかし何度やっても小数点が付かないのです.フラグか何かをいじってしまったかなと思い,いろいろと試してみたところ,FLAGSの最後にあるNo.128のCmplx var allowedにCHKを入れたところ,つまりVars are realsにしたところ,プログラム記憶時に数字の後に小数点が自動で付くようになりました.このフラグで小数点付加を自動でやるかどうかをコントロールできるようになりました.

しかしいつのまにか,Cmplx var allowedとVars are realsのどちらでも,自動的に小数点が付くようになっておりました.どうもこのフラグだけではなかったようです・・・.

また小数点の有無で速度が異なるのも謎です.(小数点が付かない場合は変数が複素数扱いとなり,処理が遅くなるのか?)

| | コメント (1)

2012年2月19日 (日)

給湯器

今朝も給湯器からお湯が出ませんでした.冷え込みで給湯器の元の水道管が凍ったためです.今朝は,うちから一番近い?青梅のアメダスで-7℃くらいまで下がっていたようです.平日は5時半頃起きて水道を使い始めるので,凍る前になんとか水が通って使えるんですが,休日で起床が遅い(だいたい7時くらい)と凍ってしまうというリズムにはまってます.やはり一番冷える6時台になる前に水道を使っていると凍らないみたいですね.一定の温度以下になったら,一定間隔で蛇口をひねって水を流す装置を作りたいです.

今から30年くらい前,私が小学生のころは自宅に給湯器がなく,気温ももっと冷え込んでいましたし,雪も多かったですね.こんなんで毎朝冷たい水で顔を洗ったり歯を磨いていました.今となってはかなりの勇気を要します.だいぶヤワになってしまいました….

| | コメント (0)

2012年2月12日 (日)

fx-CG20

fx-CG20は,CASIOのカラーLCDグラフ電卓です.まもなく?国内販売されるようです.既にfx-CG10というモデルは海外で発売されていました.CG20とCG10で何が違うのかは,よく調べておりませんが,不明です.

ちょっと弄ってみたい気はしますが,国内販売価格が2万円を超えているようで,どうも購入には踏み切れません.2~3万円で高機能なAndroid端末等が入手できる現在,電卓に2万円以上払うのはなかなか勇気がいります・・・.

| | コメント (0)

2012年2月 5日 (日)

Q460

PC等に蓄積した音楽を聴くのにAKGのK26Pを愛用しているのですが,寝る前にちょっと聞くためベッド脇に常駐させようともう一つヘッドフォンを入手しました.暑くて蒸れるので耳全体が覆われず,軽量なものを探して店頭でいろいろと試聴した挙句,結局またまたAKGのQ460というものにしました.カラーは白黒緑と3色あり,とりあえず黒にした次第です.重さは120gと軽いです.

Q460 Q460

Q460はK450に改良?を加えたクインシー・ジョーンズモデルだそうです.クインシー・ジョーンズ氏がどのように手掛けたのかは不明ではありますが.

Q460_k26p Q460 & K26P

フィット感はK26Pよりもやわらかい素材のイヤパッドが使われているので非常に良いです.締め付け感はさほどなく緩い部類です.音質はK26Pに似た感じです.効果があるのか不明ではありますが,エージングが済んだ後で聞き比べると,差があるのかもしれません.まあ私的にはこのままでも十分です.どちらのモデルも,この手の小型ヘッドフォンにありがちな,低音偏重型ですかね.Q460には,キャリングケースやリモコン付きコードなどのオプション類が付属してきます.私には関係ないので使用していませんが,リモコンはiPodなどApple向けのようです.ちなみに中国製なんで中華ヘッドフォンになります.

ちょっと気になったのが交換用イヤパッドの値段です.代理店?のハーマンのHPによるとQ460用は5250円だそうで,高価すぎます.本体を買った値段が1.2万円弱ですから,半分くらいはイヤバッドの値段ということになります.どうせ数年使えばぽろぽろになることは目に見えているので,一回くらいは購入することになるんですかね….これもよくあるプリンタ本体を安く販売して,交換インクで儲ける商法に似ている気がする.

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »