« 月刊I/O | トップページ | 横田基地友好祭行けず »

2011年8月16日 (火)

SambaとWindows7

1998年に購入したPC(PentiumⅡ400MHzをCeleron1.4GHzに換装)に、Linux (Fedora10)を入れて、C言語シミュレーション環境を構築したのが約1年前。そのときはWindows XPからSamba経由でファイルアクセスできることを確認してありました。メインPCがXPからWindows7になったので、こちらからSambaに繋ごうとしました。しかしアクセスできません。ネット上のコンピュータを検索しても反応なし。XPからは普通につながっているので、Windows 7の問題らしいといろいろと調査を始めたのが昨日です。ネット検索したところ、ファイアーウォール無効、ポリシー(レジストリ)をいじる等、いろいろとやってみたのですが、ことごとくダメでした。

 

今日の午後も暑い中、XP、Windows7 Pro、Windows7 Home、Linuxと計4台のPCを稼働していたため、室温が一時39.9℃になってしまったのですが、相変わらずWindows7からは接続できませんでした。この時点で、Windows7 PCからTeraTermなんかを使って、SSHでのログインはできています。問題はSamba接続だけなんですが、いったんあきらめて、さきほど(21時頃)からまた試行錯誤開始。

 

なんということでしょう!どいうわけかつながるではありませんか。日中接続できなかった状態からどこか変更した記憶はありません。なにかのタイミングで再起動が必要だったのか? いや設定毎に何度もやってました。う~ん、原因不明のまま解決したのでした。もしかするとですが、IP割り振りにDHCPを使っているので、ルータにぶら下がったPCを認識するのに時間がかかっていたためなのかなあと勝手に思っています。まあ想像の域を脱しませんが。

 

約2日間試行錯誤した挙句、最後はなんだかよくわからんうちに、なんとかWindows7からもCシミュレーションができる環境となりました。とりあえずWindows7側のファイアーウォールは関係ないようなので元に戻しました。ポリシー(レジストリ)は、ネット上にて皆さんご指摘のやつそのものです。7 Proは、Windowsキー+「R」キーでsecpol.mscと打ち込み実行し、ローカルポリシー→セキュリティ オプション→ネットワークセキュリティ:LAN Manager認証レベルを「HTML応答のみ送信する」にしました。7 Homeは、Windowsキー+「R」キーでregeditを実行して、KEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsaに新規→DWORD (32ビット) 値で、LmCompatibilityLevelを作成し、値を2にしました。おそらくこれらのポリシー設定だけで、よかったんですね、きっと。

 

ちなみにWindows 7上からSamba PC(例 IP:192.168.11.7)を検索するときは、Windowsキー+「R」キーで、¥¥192.168.11.7を入力します。(もちろん、¥は半角で)

|

« 月刊I/O | トップページ | 横田基地友好祭行けず »

コメント

暑い中、自宅のネットワーク環境の構築、お疲れさまでしたcoldsweats01
熱中症にはならずに済みましたか?coldsweats01
ある意味で熱中症ですが…それにしても室温が39.9度とはすごいですね。
中学生時代に暑い部屋の中で汗だくになりながらはんだ付けをしていた頃を思い出します。
それにしても、問題が解決して良かったですね。自宅でC言語シミュレーションができるのはうらやましいですね。
自分もそろそろ考えてみようと思います。

投稿: Koukiss | 2011年8月19日 (金) 10時44分

豪雨のため、今日は涼しいですね。

Fedora10は起動に失敗することが多いです。やはり古いPCはだめですね。動作が非常に不安定です。
core i5クラスでOSなしのミニタワーであれば、だいたい4万円弱ですね。シミュレーションにはこれで十分すぎるので、そのうち検討しようかと思います。

無駄に夏季休暇を過ごしてしまっていますが、今週末から涼しくなりそうなので、そろそろアキバにでも散策に行ってみようかと思っています。

投稿: Jimmy | 2011年8月19日 (金) 13時10分

東京は雨だったんですね。自宅のベランダにゴーヤーを残してきたので心配していたのですが、それほどの雨なら大丈夫かな?
それにしてもcore i5のマシンもだいぶ安く手に入るのですね。ハイテク品の値下がりはすさまじいですね。古いマシンでのFedora10の利用もなかなか癖があって大変そうですが、新しいマシンだと大丈夫なのでしょうか。すべてのマシンにOSを対応させるのも難しいですし、ある程度仕方がないことなのでしょうね。それにしても、いつもいろいろと楽しそうなことをしていますね。自分も見習いたいです。

投稿: koukiss | 2011年8月20日 (土) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月刊I/O | トップページ | 横田基地友好祭行けず »