« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

「感謝とおわびのパッケージ」 終了していた!!

PSNへのハッキングによる情報漏えい問題のおわびということで、ゲームやビデオコンテンツが用意されていたのですが、すっかり忘れていて、今チェックしたら、今月4日で終了してました…。7月に案内が来ていたのですが、あまりめぼしいゲームやコンテンツがないのと、最初試したときネットがつながりにくかったので、放置してまして、今になって急に思い出したところが、これです。もうちょっと長く無料ダウンロードさせてくれてもよかったんじゃないのSCEさん。

まあ面倒なことは早々に幕としたいといったところでしょうか。

| | コメント (1)

2011年8月26日 (金)

Fedora15とWindows XPのデュアルブート

旧PCその1が故障したので、旧PCその2をLinux化することにしました。このPCはDELL Dimension 8300でCPU Pentium Ⅳ、OSがWindows XPです。HDDは、IDE2台で、内蔵型のものです。最初からOSがプリインストールされていたHDDをHDD0、増設しXPのデータ格納に使用していたHDDをHDD1と記します。このXPもブルー画面が頻繁に出るので、新たに入れなおしたいところですが、今回はとりあえずそのままとしました。

Fedora15は、HDD1に入れます。Fedora15自体は、isoをネットで拾ってきてDVDに焼きました。インストール時は、プライマリIDEのマスタにHDD0、スレーブにHDD1を接続しています。DVD起動で、インストール自体は苦も無くさらっとすみました。注意点はやはり、HDD0のXPに上書きしないようにすることですね。HDD1は、インストール時に、すべてLinuxで初期化&フォーマットされ、ここにFedora15が納まりました。HDD1のMBRにgrubが書かれました。この状態で、ふつうにPCを起動すると、当然のことながらXPが立ち上がります。BIOSでブートドライブをHDD1にするとFedoraが立ち上がるので、Fedoraのインストールは成功でした。つぎにBIOSでの切り替えは面倒なので、XPのブートローダで、起動時にXPとFedoraを選択するように、HDD1のブートセクタを用意し、HDD0のC:\にあるBOOT.INIをいじったのですが、まったくもってNGでした。いろいろとやってみたのですが、HDD1のMBRに書かれたgurbは呼び出せない雰囲気でした。その後の調査で、grubからならWindows XPを選択することは簡単そうだったため、HDD0とHDD1の物理的配線を交換し、grubの設定をしたところうまくいきました。手順は次の通りです。

  1. マスタHDDにFedoraがはいったHDDを接続
  2. スレーブHDDにXPがはいったHDDを接続
  3. Fedoraのgrub.confにXPを追加

XP追加の記述などは、諸先輩方がネットで書かれているので、すぐに判明するかと思います。

試行錯誤して何とかデュアルブートが可能となりました。わかってしまえば簡単だったのですが、随分と時間を浪費してしまった次第です。

| | コメント (0)

2011年8月22日 (月)

シミュレーションPCついに故障

Fedora10 (Linux)でC言語シミュレーション&サーバとして使用していたPCが故障しました。10年以上前に買った元々はPentiumⅡ PCなんでいつ壊れてもおかしくはなかったのですが・・・。今朝は、C言語で某シミュレーションプログラムを組んでまして、コンパイル&実行など、一連の動作が問題ありませんでした。ただしPC起動時に、途中で固まってしまいリセットし、再起動でもBIOS画面がすぐに出てこなかったりと、故障への兆候は現れていました。

午後になり、プログラムの続きでもやろうかと、電源を入れたのですが、BIOS画面すら出てこなくなりました。何度やってもダメでした。とうとうお亡くなりになってしまったようです。温度がらみの電源関係が、NGのような気もします。もし本当に温度による電源関係の劣化だとすると、明日以降東京では気温が上昇する予報なので、涼しい今日中に何とか起動してくれないかと、電源ONを繰り返していますが、一向に息を吹き返しそうにありません。

いかんせんPC全体が古いので、処分しようかと思います。捨てる前にプログラムを吸い上げたいので、一度でいいのでなんとか起動してくれることを望んでいるのですが、絶望的のようです(悲)。

とりあえず2003年ころ購入の、これまたお古のPentiumⅣ PCをLinux化しようかと思います。まあ捨てるに捨てられず、XPでしか動かないソフトの起動にしか使っていなかったのですが、そういったソフトも続々と7で動くようになっているので、Linux化しても害は少なそうです。こいつもいつ壊れてもおかしくない代物ですが、もう少し動いてくれることを期待しとります。

| | コメント (0)

2011年8月20日 (土)

横田基地友好祭行けず

横田基地日米友好祭が、本日・明日と、米軍横田基地にて開催されています。自宅近くで開催される、ビッグイベントなんですが、諸事情により本日は行くことができませんでした。気温も涼しく、雨が降っていなかったので行きたかったのですが、残念です。明日は雨でなければ、チャリンコでかけつけたいと思います。(自転車の駐輪場は、基地入口ゲート脇あります)

ただ今日行かれた方々の情報によると今年はステルス戦闘機F-22は来ていないようです。本日飛来することはないでしょうしょうし、これは残念ですね。

行かれる方は、駐車場がないので、電車か自転車か徒歩になるかと。電車ですと、JR青梅線の牛浜駅、あるいはJR八高線の東福生駅のどちらかが最寄になります。いちよう牛浜駅のほうが、青梅線の本数、駅から基地入口ゲートまでの距離が近いなどの理由により、よいかと思います。

| | コメント (2)

2011年8月16日 (火)

SambaとWindows7

1998年に購入したPC(PentiumⅡ400MHzをCeleron1.4GHzに換装)に、Linux (Fedora10)を入れて、C言語シミュレーション環境を構築したのが約1年前。そのときはWindows XPからSamba経由でファイルアクセスできることを確認してありました。メインPCがXPからWindows7になったので、こちらからSambaに繋ごうとしました。しかしアクセスできません。ネット上のコンピュータを検索しても反応なし。XPからは普通につながっているので、Windows 7の問題らしいといろいろと調査を始めたのが昨日です。ネット検索したところ、ファイアーウォール無効、ポリシー(レジストリ)をいじる等、いろいろとやってみたのですが、ことごとくダメでした。

 

今日の午後も暑い中、XP、Windows7 Pro、Windows7 Home、Linuxと計4台のPCを稼働していたため、室温が一時39.9℃になってしまったのですが、相変わらずWindows7からは接続できませんでした。この時点で、Windows7 PCからTeraTermなんかを使って、SSHでのログインはできています。問題はSamba接続だけなんですが、いったんあきらめて、さきほど(21時頃)からまた試行錯誤開始。

 

なんということでしょう!どいうわけかつながるではありませんか。日中接続できなかった状態からどこか変更した記憶はありません。なにかのタイミングで再起動が必要だったのか? いや設定毎に何度もやってました。う~ん、原因不明のまま解決したのでした。もしかするとですが、IP割り振りにDHCPを使っているので、ルータにぶら下がったPCを認識するのに時間がかかっていたためなのかなあと勝手に思っています。まあ想像の域を脱しませんが。

 

約2日間試行錯誤した挙句、最後はなんだかよくわからんうちに、なんとかWindows7からもCシミュレーションができる環境となりました。とりあえずWindows7側のファイアーウォールは関係ないようなので元に戻しました。ポリシー(レジストリ)は、ネット上にて皆さんご指摘のやつそのものです。7 Proは、Windowsキー+「R」キーでsecpol.mscと打ち込み実行し、ローカルポリシー→セキュリティ オプション→ネットワークセキュリティ:LAN Manager認証レベルを「HTML応答のみ送信する」にしました。7 Homeは、Windowsキー+「R」キーでregeditを実行して、KEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsaに新規→DWORD (32ビット) 値で、LmCompatibilityLevelを作成し、値を2にしました。おそらくこれらのポリシー設定だけで、よかったんですね、きっと。

 

ちなみにWindows 7上からSamba PC(例 IP:192.168.11.7)を検索するときは、Windowsキー+「R」キーで、¥¥192.168.11.7を入力します。(もちろん、¥は半角で)

| | コメント (3)

2011年8月10日 (水)

月刊I/O

ご存知の工学社の月刊I/Oを本屋で久々に見かけました。まだ残っていたんだなあというのが実感でした。パラパラと中身を見てみましたが、今風の内容になっていました。残念ながら私が夢中になって買っていた80・90年代頃のわくわく感は湧いてきませんでした。まあプログラムなんて、ホームページからダウンロードすればよく、16進ダンプのプログラム載せても、だれも打ち込まないでしょう(^^; しかしちょっとした言語解説ページなども連載?されているようで、昔のI/Oの面影は残っていました。

| | コメント (0)

2011年8月 9日 (火)

YouTubeアップデートしたら・・・

Android上でYouTubeがアップデートしましたよという通知が上がっていたので、なにも考えずにアップデートしました。そこで映像を再生してみたところ、途中までは何事もなくスムーズに再生されるのですが、10秒?くらい経ったころ、音が出なくなります。どのソースでもそうなりました。アップデートが悪いということですかね。ちなみに映像のみ再生し続けると、最後のほうで読み込みマークが無意味に回転し、挙動がおかしくなっていました。

マーケットのコメントを見ると、みなさんも同じような現象を起こしているようで、バグ?入りソフトをばらまかないでもらいたいと思いました。それとも単なる相性?でしょうか。

仕方ないので、アップデートをアンインストールした次第です。

| | コメント (0)

2011年8月 4日 (木)

Android携帯電話の電池の持ちの悪さ改善か?

みるみるうちに電池が減ることもあれば、2日も?もつことのあるGALAXY Sですが、どうも使っているうちになんとなくですが、カラクリが判明したような気がします。私はアプリを立ち上げた後、戻るキーでアプリを終了させておりました。しかしこれはアプリが終了したように見えて実はメモリ上には残ったままになっているようです。(あくまでも推測) そこでアプリの終了にはホームキーを押すようにしました。すると先日はほとんど何もしていないのに半日で50%以上も減っていた電池が、本日は一度充電して100%にしてから、webとかいろいろと弄っていたのですが、半日たっても80%以上をキープしていました。ただし本日は充電前に一度電源を落としたので、この効果が大かもしれません。

しかし明らかに戻るキーよりは調子がよさそうなので、ホームキー終了でいましばらく様子を見てみます。

| | コメント (0)

2011年8月 3日 (水)

蝉、真っ盛り

昨日と今日と自宅の庭で蝉の抜け殻を大量に発見しました。10個ほどあったでしょうか。これからもまだまだ出てきそうです。地面も蝉の幼虫が出てきた穴だらけです。

月曜日に会社帰りに最寄駅から乗ってきた自転車の前輪にもいつのまにか付いていました。なので、昨日と今日は家の周り中、蝉の鳴き声でうるさいです。

平日、自宅上空周辺では米軍横田基地からの偵察?ヘリが低空で飛び回って、そのエンジン音がうるさいのですが、それ以上に蝉がやかましいです。まあ夏らしいと言えばそれまでですが。

| | コメント (0)

2011年8月 2日 (火)

安定化電源唸る!!

自宅で使用しているトランス式の安定化電源ですが、寿命が来たようです。先月あたりから、無線機で送信するなど負荷をかけるとトランスがうなり音を発し始めました。かなりの大音量なので、交信局から「ブーンという音が聞こえてますよ」と注意されることもしばしば。どうも先月初めの酷暑でやられた感がありますね。

Dm120 DM-120

この安定化電源は、ALINCO社のDM-120です。確かMAX20Aは取り出せたかと思います。私が高校生の時に、2アマに受かったという勢いで、50MHzで出力電力50Wに増力する際に、リニアアンプHL-66Vと一緒に購入した代物です。大学受験勉強そっちのけで、アキバに買いに行きまして、宅配料をけちるため、手で持って帰りました。トランス式なので重量がかなりありまして、電車の乗り継ぎなどへとへとになりながら、2時間弱かけて、やっとの思いで自宅に持ち帰った記憶が鮮明に残っております。購入直後の夏場にEスポで多少遊んだ後に、受験という暗雲に突入いたしました。

そんなDM-120ですが、約20年間故障なしに、安定してよく働いてくれました。確かに耐用年数とかははるかに超えてしまっているので、いつ故障してもおかしくない状況だったかと思います。とりあえず、トランスなど臓物を取り出して、代わりに適当なスイッチン電源でも詰め込み、実験用にでも再生しようかと思います。

後継にはまたトランス式を買おうかと思っています。スイッチング式は小型で軽いのですが、短波帯以下で使用するには、スイッチング電源そのものが出すノイズの減衰対策をしっかりやらなければならず、面倒なんで・・・。最近はトランス式ですと20Aくらいのクラスはないようです。仕方ないので、30Aクラスの10kgほどあるやつをそのうちに買い込んでこようかと思っています。いちよう自宅にはDIAMOND社のGSV-3000(30Aくらいとれる)というトランス式の安定化電源ものもあるのですが、電源ON時に電源スイッチから火花が出たりして、危険極まりない代物でした。しかもその電源スイッチ、何度か使用しているうちに接触不良といいますか、たぶん火花放電でどこかが溶けたらしく、電源ONがしづらくなってしまいました。ばらしてスイッチ交換までする気力がわかず、かといって重いのでメーカや販売店に送るのも厄介なので、いまは電源スイッチは常時ONにして、AC100V側でON/OFFしています。なので、DIAMONDには手を出さず、再びALINCOでいこうかと思います。

| | コメント (0)

2011年8月 1日 (月)

Amazonの商品検索不具合?

昨日、何の気なしにAmazonのHPで商品を検索したところうまくいきませんでした。というのも検索ワードを複数打ち込むことができなかったのです。たとえば「A B」とスペース区切りで二つの単語を打ち込もうとした場合、「A 」までは通常に入りますが、「B」を入力するとせっかく入力した「A 」が消えてしまい「B」単独の検索になってしまうというものでした。ブラウザの問題かとも思ったのですが、設定した覚えもないし、困っていました。IE9でもIE8でも同じ現象になってました。

不便極まりないと思っていたのですが、現在は正常に入力できるようになりました。やはりAmazon側のミスなんでしょうか。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »