« 休日シフト | トップページ | Eスポ絶好調 »

2011年6月28日 (火)

ヨーロッパオープン

休日シフト初日です。いつも通りに8時頃より27MHzあたりからワッチを開始。北海道が聞こえてまして、50MHzも九州北部と北海道が同時にEスポでオープンしてました。しかしやはり土日と違って局数が少なめですね。

その後、15時頃からでしょうか50.100MHz近辺のモールスが騒がしくなっており、よくよく聞いてみるとヨーロッパ各局が聞こえています。これが噂のEスポのマルチホップでしょうか。私は初めて聞きました。しかし私の設備では、全く歯が立たず交信はできませんでした。

ヨーロッパが聞こえるというクラスター情報がネットに出ると日本中の6mマンが平日なのに多数が出没。CQを出しているOM局を聞かせてもらっていると、呼ばれていますね。うちでは相手がほとんど聞こえませんでしたが。

それにしても4, 3エリアのCQが通常では考えられない強さで入感しているのには、いつものごとくなんといいますか、お手柔らかにという感じですね。

2サイクルくらい前にヨーロッパを聞いたときは、太陽黒点数最盛期で、F2伝搬だったかと思います。本日の伝搬は、その時とは違って、いかにもEスポらしく、急激に入感地点が移動している印象を受けました。

これから太陽黒点数が上昇してくるので、数年後までにはアンテナなどの設備を整備したいのですが、近所の目もあり、いかにも無線やってますといったものは避けたいところです。そこで目立たないアンテナ(小型アンテナ?)で、なんとかDXができるコンディションになることを望むばかりですね。すでに次のピークは、たいして太陽黒点が上がらないなんて悲しい予想が出ておりますが。

|

« 休日シフト | トップページ | Eスポ絶好調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日シフト | トップページ | Eスポ絶好調 »