« Catalyst Control Center | トップページ | 庭の花 »

2011年5月 2日 (月)

本の整理

連休に入ってから、少しずつですが、中学生のころから読み溜めていた文庫本・新書を整理しています。約25年間で2000冊くらいになっていたか(詳細不明)と思います。今部屋にあるのは、ざっと500冊くらいでしょうか…。古本屋に売りに行っても、大した金額にならないので、近所の子供会の廃品回収に出してます。

これでも大分減らしたのですが、まだまだ捨てきれずに残っています。思い入れがあるものも多くなかなか捨てられないですね。しかし物理的に置く場所の問題もあり、もう絶対に読まないであろうものをバッサリと処分することにしました。捨てる残すを吟味し始めると、当時のことが思い出されてしまい、捨てるののが忍びないこと忍びないこと。またついつい読み始めてしまったりして、時間もかかっています。

大陸書房のファンタジー系なんかは、完結していないのに出版元が倒産?してしまったりしてますね。また未完結のままの早川書房の「失われし者タリオン」とか、続きを読みたいものも多くあります。いちようアルスラーンは続いていますが、いつ終わることやら。読み始めたのって高校生の時ですからね。20年以上前です…。整理してみるとロボット・アニメの小説版が多いですね。またイラストだけで買ったとしか思えないものもありますね。絵は覚えているけど肝心の中身をさっぱり思い出せなかったりして。特に美樹本晴彦の絵は大好きでした。また年代ごとにはまっていたものがあることに気づかされますね。新井素子、栗本薫、宮部みゆき、竹河聖、吉岡平、田中芳樹、鈴木光司、京極夏彦、真保裕一、富野由悠季(当時の表記)、斉藤英一朗、ジャック・ヒギンズ、トム・クランシー、そして司馬遼太郎(順不同)とジャンルバラバラですが、一度はまると何冊かその著者のを続けて読んでいました。クライブ・カッスラーは未だに読んでますね。ちなみに日本の純文学系などは好きで結構読みました。でもこれらはたいていどこの図書館でも完備されているので、ほとんど買ってはいません。純文学ではないと思いますが、江戸川乱歩は買ってたりします…。

とりあえず、1/3くらいを捨てるものとしてチョイスしました。まだまだ残り多いです…。

|

« Catalyst Control Center | トップページ | 庭の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Catalyst Control Center | トップページ | 庭の花 »