« 庭の花 | トップページ | Radio Verdad »

2011年5月15日 (日)

50MHz帯 FM

本日は、11:30頃から50MHz帯(6mバンド)にて北海道・青森が開けました。14:00過ぎくらいまで安定して聞こえていました。いよいよEスポシーズン到来といった感じです。いつもはSSBかCWで交信していない局や市区町村を狙うのですが、たまにはFMはどうかということで、出てみました。まあSSBやCWでは、聞こえる局のほとんどが一度は交信した局なので、マンネリ感もあるというのが正直なところではあります。また北海道は札幌全区および全市全郡は交信したので、後は町村を狙うのみなんですが、いくら郡が減ったとはいえ、これはこれでハードルが高いです。

とりあえずFMを聞いてみましたが、群馬県赤城山中腹移動局を確認したのみでした。Eスポが出ているので、北海道は聞こえるだろうということで、久々にCQを出してみたところ、青森県の局からコールいただきました。7エリアからコールがあるとは思っていなかったので、焦ってしまいました(^^; というのも50MHzのEスポ伝搬では、1エリアから7エリアはなかなかつながらないんですよね。その後CQを出し続けていると、近所の山岳移動局やモービル局に呼んでいただきました。6m FMも各局アクティブに運用されているようで捨てたものではないようですね。6mではAMも生き残っていますし、FMも出なければならないなあと再確認した次第です。

なお6mのFMモードですが、バンドプラン的に51MHzから52MHzまでと広いのですが、普段聞いてもまず交信を聞いたためしがありません。私が中学生で開局した1980年代中期は、144MHz帯や430MHz帯は出る隙間もないくらい激混みだった等の理由で、6mに逃げている局?も多く、6m FMもそこそこチャンネルは埋まっていました。私も中学・高校時代には6m FMの51.48MHzあたりに毎日出没し、ローカル局とくだらないことをよくしゃっべってました。当時のリグはFT-690でして、MAXの2.5Wで電波を出すとすぐにファイナルが痛むので、スイッチで確か0.5Wに落として使ってましたね。羽村や青梅、入間の局が多かったのでこの出力でも十分届いたのですが、夏場に韓国局からブレークされたときはびっくりしたことがありました。いまでも韓国局は51.0MHzのメインchで聞くことがありますね。

|

« 庭の花 | トップページ | Radio Verdad »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭の花 | トップページ | Radio Verdad »