« 簡易室内灯 | トップページ | DX-R8のスケルチ »

2011年3月22日 (火)

DX-R8の異音

最近使用頻度の高いDX-R8で、気になる症状が発覚しました。それは異音です。次の周波数などで、Sメータが3から9を超えるような信号を拾うとモスキート音のようなピーというかピューというかチュイ~ンというような高周波の音が聞こえます。(異音が発生する受信レベルも周波数によってまちまちな感じ。)

  • 7205~7230kHz
  • 12020~12025kHz
  • 12110~12125kHz
  • 12142kHz付近
  • 他の周波数でも聞こえていそうです。

私も加齢により高周波のモスキート音が聞こえにくくはなっていますが、それでも聞こえるレベルです。気になりだすと、放送に集中できません。信号強度が強い局を聴いている分には、その変調に埋もれるので気にならない程度なんですが、弱めの局を聴いているときは気になってしょうがないです。せめて放送バンド外であれば良かったのですが…。

最初は燐ch放送のかぶりによるビート、放送局の電源事情によるハム音、安定化電源の不良などかと思っていたのですが、同一アンテナ同一電源からとって動作させているNRD-345では、これらの周波数で異音は聞こえず快調です。どうもDX-R8内部の不要な発振のようです。←あくまで推測。

もしかしてコリンズフィルタがいけなかったのか? (確かに、フィルタ交換時にRoHS仕様の半田を溶かすのに苦労して温めすぎたかも? 今更元に戻す気はないのですが…。)

もう少し調査してみます。

|

« 簡易室内灯 | トップページ | DX-R8のスケルチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 簡易室内灯 | トップページ | DX-R8のスケルチ »