« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

日田市から自宅までの所要時間

 昨晩、出張先の大分県日田市より戻ってきました。メモがてら道中の記録でも残しておきます。

  • 12:20頃 日田バスセンター前にある寶屋支店で牛すじラーメンを食す。
  • 12:40 日田バスセンターから福岡空港行高速バスに乗車。バス停に寄るのに途中何回か高速を降りるんで時間がかかる。直通なら1時間弱か?

Photo 日田バスセンター待合所

  • 14:00頃 福岡空港着。15:20にフライト変更。それまでお土産物色などで時間つぶし。前回購入した博多通りもんが旨かったので今回も購入。博多ぽてとは人気があるとのことで購入してみたが、個人的には通りもんのほうが良い感じ。

Photo_2 博多通りもん・博多ぽてと

  • 15:25 福岡空港発。出発がやや遅れた。
  • 17:05 羽田空港着。手荷物を受け取ってモノレール乗り場へ。
  • 17:20頃 モノレール乗車。帰宅ラッシュちょい前的な感じでそれほど混んでいない。
  • 17:50頃 浜松町駅から山手線で東京駅へ。京浜東北線は激混みだったのでパス。
  • 18:03 東京駅では中央線に乗り換えて出発。特別快速(特快)がしばらくないようなので、普通の快速に乗車した。東京から乗れば、一本ずらすなど調整すれば確実に座れるのが良い。
  • 18:45頃 快速は国分寺駅で特快の待ち合わせなんで、乗り換えた。
  • 18:52 立川駅ではホーム向かいにたまたま青梅線・五日市線or八高線直通の武蔵五日市・箱根ケ崎駅行きが来ていたので、また乗り換え。それでも立川駅とこの先の拝島駅での階段・エスカレータなどを使う番線移動がないので楽。でも荷物が多いので、ホームの向かいに行くだけでも大変。
  • 19:35頃 自宅着。スーツケースやリュック、お土産なんぞ持っていたので、最寄駅から自宅までタクシーを使用。旅費精算はできないのが悲しいところ。

備考 電車は、帰宅ラッシュ時間の割には非常にスムーズに来れた。電車乗換の待ち時間が圧縮できたのが大きい。もしスムーズでなかったら、あと30~60分は余計にかかってしまっていたところ。ちなみに車内は多少身動き取れない程度に混んでいた。それでも朝のラッシュよりはるかにまし。

いや~、日田市から自宅まで約7時間かかりました。福岡空港で1.5時間弱時間待ちがあったので、正味5.5時間くらいでしょうか。それにしても遠いいです。疲れます。また行くことになるので、氣が重いです。

ちなみに日田市では噴火の影響はありませんでした。

| | コメント (0)

2011年1月22日 (土)

豆田町

日曜日に、大分県日田市豆田町を散策してきました。

Photo ホテルからの朝の風景

当日は、雪が積もっており、非常に寒かったです。ホテルから約2km弱の豆田町に向けて所々アイスバーンにもなっている歩道を進んでいきます。

Photo_2 日田駅を通過

寒風で小雪が舞う中、豆田町地区に突入。古い街並みが続きます。

1 まちなみ

豆田町は幕府直轄領(天領)だったころより賑わっているところのようです。豆田町内を北上し一度街を抜けると花月川へ到達。

Photo_3 花月川

川の近くにある薫長酒造資料館を見学。

Photo_4 薫長酒造正面

Photo_5 資料館

資料館は無料で見学できました。酒造に使用した道具などが展示してあり興味深いものでした。江戸時代の酒の作り方などの解説もあり勉強になりました。

Photo_6 廣瀬資料館

次に江戸時代に商家として権力を持っていた廣瀬家の資料館も見学。江戸時代のひな人形などを見ることができました。この廣瀬家からは著名人が多く排出されていることも知りました。

1_2 咸宜園資料館

2 咸宜園

帰り際に豆田町南部にある咸宜園(かんぎえん)を見学しました。江戸時代の儒学者の廣瀬淡窓先生の私塾になります。武士だけでなく幅広い人材が日本各地より集い、勉学に励んだ様子を解説していただきました。この咸宜園は、世界遺産への登録を目指しているようです。ちなみに咸宜園そばには、真新しい資料館もあり、いろいろと勉強できます。

豆田町内にある「こだわり大分」さんにて、ゆず胡椒としいたけ茶を購入してきました。しいたけ茶にゆず胡椒を少々入れて味わうと、香りも引き立ち味も冴えてきます。なんといっても体が温まるのがグッドです。

それにしても日曜日は観光客が非常に少なかったです。まあ雪で寒すぎたせいもあるのでしょう。豆田町は古い街並みが続くので、小江戸・小京都好きな方にはお勧めします。

| | コメント (0)

2011年1月18日 (火)

大分県でAPRS

出張で大分県に行ってきました。

まずは大分駅前ホテル7Fから、144.66MHzにアクセスしてみましたがなかなかつながらず。場所を微妙に変えたりしながら弱いながらもアクセスできました。

Photo 大友宗麟公像 (@大分駅前)

その数日後、拠点が日田市に移りました。日田駅近くのホテル5Fよりアクセスしてみました。なんとか接続。

Photo_2 日田駅

今回使用した設備はVX-8+付属ホイップです。もちろんモービルやアンテナを工夫すればよいのですが、ハンドキャリーの出張ではハンディ機が限界です。このお手軽設備で、難なく軽く接続できるようになると、大分県内でもっと遊べますね。

結局、約1週間の大分県内滞在中、JS1AMB/6でのQSOは一回もせずに帰ってきた次第です。

Photo_5 空き時間に散策した天領日田の面影が残る豆田町 (@日田市)

Photo_3 オマケ: 出張先で出会った住人 (@日田市)

(低温・低湿度にやられたのか、疲れなのか不明ですが、出張中に熱が出てしまいました。まだ37℃前後の微熱が続いています。本日はもう寝ます。)

| | コメント (0)

2011年1月10日 (月)

メモリ入力

VX-8に、WiRESやアクションバンド、航空無線などの周波数を入力しました。いままで本体での入力が非常に面倒なため1000chあるメモリ中20chも使っていませんでした。そこで入力にはG4HFQ局作成?の定番メモリ管理ソフトFTBVX8Jと自作のUSB-シリアルケーブルを使ってVX-8に食わせました。このソフトはメモリ名などに日本語が使える優れものです。もし本体のみで打ち込みなんぞしたら、相当な時間と気力が必要となったことでしょう。

| | コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

BLUETOOTH マウス

Bsmlb03n BUFFALO BSMLB03N (右:単3電池)

いまさらながら、ASPIRE1410で使用する小型マウスを購入しました。ASPIRE1410はBLUETOOTH内臓なので、別途USBドングルなどは不要です。このマウスは、小さすぎて長時間使用には向かないでしょうが、出張などでなるべく手荷物を軽くしたいので良しとしてます。ちなみに単4電池2本で動きます。

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

TEX本

Windows7下でTEXを使うため、奥村先生の「LATEX2ε美文書作成入門(第5版)」を購入しました。付属のDVDから、ノートパソコンAS1410にインストールしました。環境は整ったので、滞っている論文執筆でもしていければと思います。

| | コメント (0)

2011年1月 1日 (土)

年末ジャンボ宝くじ

昨年末に、床屋に行きまして、帰り際に年末ジャンボ宝くじ一枚をサービスでもらいました。当たらないだろうと思いつつ、当選番号と照会してみたところ、5等が当たっておりました。まあ5等というのは3000円なんですが、散髪代の足しになったというところでしょうか。

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »