« 八王子にビックカメラ | トップページ | ブルー画面 »

2010年9月26日 (日)

ゲゲゲの女房

一日遅れで最終話を観ました。今回の連続テレビ小説は面白かったです。私的には、久しぶりに全話通して観た連続テレビ小説となりました。

|

« 八王子にビックカメラ | トップページ | ブルー画面 »

コメント

「ゲゲゲの女房」はなかなか面白かったですね。自分としては松下奈緒が出るので見ていたのですが、ストーリーもなかなかでしたね。
教師になった娘がスランプに陥ったときに水木しげるが「好きなことを続けるのは大変なんだ」というような台詞があって、なかなか考えさせられる場面もありました。他にも「苦しくても続けることが大切」だとか、いろいろと良い台詞がありましたね。自分にとっては久々に熱心にみてしまったドラマでした。

投稿: Koukiss | 2010年9月28日 (火) 23時36分

確かにそうですよね。でも好きなことで挫折してしまうと、ダメージが大きい(もしかしたら立ち直れないかも)ですよね。なので2番目に好きなことあたりを、仕事にするとよいと言っていた教授がいました。

自分にとってどうかと考えると、技術者ではない自分もありかなと、入社前から考えたりしてました。やはり、どうみても今の仕事って、どうなの?と考える余地がありすぎです・・・。

松下奈緒って歌手(ピアニスト)ですよね?(女優業と半々?) 数年前にCD屋でアルバムを見たことがあるような気がします。

投稿: Jimmy | 2010年10月 2日 (土) 18時21分

確かに、私も学生時代に「好きなことや趣味を仕事にしてはいけない」というようなことを大学の先生に言われたことがありました。

今の仕事がどうか?と考えると、別に楽しくも無い、やりがいが感じられない、夢がもてない仕事って感じになりますね。考える余地はおおありですね。苦労する割には報われないですよね。自分の場合、中学時代に決めた職種についてしまったわけですが、もっと考え直す時間があったんではないかと、いまさらながら思うときもありますね。特に働く場所、住む場所については、もっと親元に近い場所を選ぶべきだったと思いますね。

松下奈緒はもともと音楽大学にいたんですよね。ルックスのよさから女優業も始めたとか、逆に女優として売れたから、ピアニストも始めたのか、よくわかりませんが、つい先日にピアノ・コンサートを開いてましたね。二足のわらじ両方成功させている人もいるんですよね。

投稿: Koukiss | 2010年10月 3日 (日) 22時58分

残念ながらやりがいを感じることが少なくなりました…。
ただ稼がなくては食っていけないので、割り切りは必要かと開き直ることも必要ですね。(これだと全く面白くないので、あと約20年続くかどうか非常に疑問ではありますが。)
なんとかプラス方向に持っていけるよう、検討したいと思います。

投稿: Jimmy | 2010年10月 9日 (土) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八王子にビックカメラ | トップページ | ブルー画面 »