« Eスポで瀬戸内辺り | トップページ | パソコン復活 »

2010年7月14日 (水)

パソコン死亡

DELL Dimension XPS R400というパソコンをサブで使っています。本日、徐にパソコンの電源ケーブルをACコンセントに差したところ、電源ユニットの吸気口あたりから火花が出て、部屋中に焦げ臭いにおいが充満しました。それ以降電源が入りません。12年ほど使っていたパソコンですが、とうとうお亡くなりになってしまいました。いちようばらしてみたところ、電源ユニットのコンデンサ数個がパンクしてました。まあよくここまでもったというところでしょうか。このパソコンは、横須賀勤務時代の1998年に購入したもので、横須賀の潮風にも耐えぬきました。当初はPentiumⅡ400MHzでしたが、Celeron1.4GHzに下駄を履かせて換装しました。とは言いましてもいまどきのパソコンと比較したら、遅くて使えない代物です。OSは、Windows 98、2000、Linuxのトリプルブート可能状態になっておりました。愛着があっただけに残念です。

とりあえず電源ユニットを探してみます。たぶんケースに合うものがありそうもないのですが…。自作か?

|

« Eスポで瀬戸内辺り | トップページ | パソコン復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Eスポで瀬戸内辺り | トップページ | パソコン復活 »