« Dimension 8300 | トップページ | ラジオ・セントヘレナ 2009 »

2010年7月24日 (土)

Fedora 10インストール

復活させたDimension XPS R400のOSがWindows 2000と98なのだが、両方ともサポートが終了した状況である。そこで最新Linuxを再インストールすることにした。とりあえず日経Linux付録のFedora13を入れてみることに。しかしFedora13のコアはインストールできるのだが、どうしてもX関係がインストールされない。後からちまちまパッケージを入れなければならないのか?原因は不明だが、グラボが今時のものに比べるとしょぼいし、マザボのメインメモリがたった384MBしかないしで、ご親切にもインストーラがXのインストールを勝手にあきらめてくれたものと推測。ちなみにUbuntuもとらいしてみたが入らなかった。

そこで2年くらい前にリリースされたFedora 10を入れてみたところ、あっさりとX関係も含めてインストールできた。設定なんかはXを使って楽できるし、FireFoxでネットを見たりと楽しめる。しかし動作は言わずもがなのもっさりですが。

とりあえずCのシミュレーションでも走らせて遊んでみます。

|

« Dimension 8300 | トップページ | ラジオ・セントヘレナ 2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dimension 8300 | トップページ | ラジオ・セントヘレナ 2009 »