« グラボ交換 | トップページ | Fedora 10インストール »

2010年7月18日 (日)

Dimension 8300

Dimension XPS R400に引き続いて、メインPCのDimension 8300の電源も交換しました。このPCも約7年使っており、いつ電源が火を噴いてもおかしくないため、安全のため交換しました。電源ユニットは玄人志向のKRPW-V400Wです。R400と違ってマザーボードとの接続はATX電源付属のコネクタそのままでOKです。ただし電源ユニットを8300に取り付ける際、ユニットの電源ケーブル接続部と電源SWが筐体の穴と合わないため、金切ばさみで切広げました。

ついでにDimension 8300の爆音マシンたる所以の悪名高い背面ファンも交換しました。 92mmの1400RPMという静音ファンに交換です。これにCPUクーラーも取り付けたかったのですが、ヒートシンクからの交換が面倒らしいので、背面ファンのみ交換しました。電源ユニットファンも大口径なため、室温35℃を超えていても、かなり静かになりました。ていうかいままでの爆音がなんだったのかというほど、ファン音が気になりません。早く改造しておけば良かったデス。

静音ファンにしたのでPC内温度はやや上がり気味です。やはりCPUクーラーも取り付けないとならないようです。ただしとりあえずあと一年くらいもってくれればという感じです。最新アーキテクチャーのPCも使ってみたいですし。

|

« グラボ交換 | トップページ | Fedora 10インストール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラボ交換 | トップページ | Fedora 10インストール »