« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

ICR-RS110Mのファーム更新

ファームをv1.01からv2.00に更新したICR-RS110Mは,予約件数も5件から20件と多くなりより便利になりました.ファーム更新はμSDに書き込む方法で簡単に行えました.

ファームはSANYOのホームページにおいてあります.ファーム更新方法も記載されています.

| | コメント (0)

2010年5月29日 (土)

巨人戦

Photo 巨人ファンで埋まる1塁側

西武ドームへ巨人戦を観に行って来ました.残念ながらライオンズはいいところなく,3発のホームランを浴びて,0対4であっけなく負けました.今日は曇りで気温が低く寒かったです.西武ドームは自然吸気で横から風が吹き込むので防寒対策が必須です.なんとか明日のナイターに期待したいところです.

とりあえず帰りのCD屋でマーティン・デニーのBESTを見つけたことが本日の収穫でしょうか.ファイアー・クラッカーの原曲を初めて聞きました.チャイナタウンでのティン・パン・アレーの演奏が原曲に近いですね.

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

50MHz スキャッタ

本日も朝から50MHz帯のアマチュア無線を聞いてみました(@東京都西部).8時台は,沖縄と南九州が入感していました.その後一旦南九州局が聞こえなくなると,10時前後より南西スキャッタで京都・奈良・大阪・兵庫・岡山の局が非常に強力に入感.Eスポかと思うような強力な局もおりました.本日は特に近畿方面が強力でしたが,影では岩手,福島,富山,石川,愛知の各県の局も浮き沈みがあるものの確認できました.Eスポとは異なり,スキャッター伝搬独特の位相変化による音のこもり感や強すぎず弱すぎずの信号強度を久しぶりに味わいました.今回のスキャッタは台湾・沖縄・南九州あたりに発生したEスポによって反射・散乱された電波が近畿方面にちょうど良く落ちていったものと推測しています.というのも国内にとどまらず,台湾や香港局が入感していたからです.自宅のプアな設備でもそこそこ交信できたので,南西方面に発生したE層は強力だったようです.

なお昨日は,午後にベトナムや中国内陸部の局も聞こえていたので,期待したいところです.

| | コメント (2)

2010年5月22日 (土)

FM放送 沖縄方面強力

今日は朝から沖縄方面のFM放送が良く入っています.基本的な87.3MHz FM沖縄,88.1MHz NHK沖縄,89.1MHz AFN沖縄の御三家はクリアに安定して聞こえています(@東京西部).もちろんステレオで.大陸からの放送はほとんど聞こえません.Eスポは局地的にオープンしているようです.

昨夜も22時頃まで50MHz帯や28MHz帯では九州方面が入感し,賑わっておりました.その反動で今日はNGかと思ったのですが,50MHzでも沖縄局が強力に入感しています.ただし九州本土は聞こえず.ただしEスポが東北方向に移動する可能性は大なので,注意していようかと思います.

| | コメント (0)

JOJGが強い

540kHzのNHK第1山形(JOJG)が強いです.今朝も7:10頃からのローカルニュース枠の時間帯は混信も無く安定して聞こえました.出力5kWとは思えないですね.ちなみに918kHz山形放送(YBC)や隣県の1261kHz東北放送(TBC)は非常に弱く,番組内容を楽しめる状態ではありませんでした.JOJGは,7時台よりは弱くなっておりますが,今もS1~3程度で入感しています.設備は,NRD-345,CHA-250BX.

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

オーディオ・アンプキット断念

アキバに行って来ました.最近は月1ペースで行っています.相変わらず中国人多すぎ・・・.

ディジタルアンプキットでも製作しようかとふと思い立ちまして行ってきた次第です.着いた早々,若松あたりで売っているカマデンのTDA7491というキットを見に行こうとしたのですが,その前に鎌ベイアンプSDA-1100やバッファローBSSP10のディジタルアンプの音を聞いてしまったため,キットはとりあえず断念してしまいました.それぞれスピーカーは違うものの,SDA-1100やBSSP10は良い音を醸し出していました.本体価格も安価です.やや重量もあり,アキバから持って帰るのもナンなので,今日はアンプには手を出さず終いでした.キットも捨てがたいので,もう少し熟考してみますか.

とりあえず,W先生ご推奨のポケット・ノギス(同じものが買えたか疑問)と長さ70cmくらいの144MHz/430MHz帯デュアルバンド・ノンラジアルモービルホイップを購入して帰ってきました・・・.(2mが送信できるモービルホイップアンテナなんて約10年ぶりに購入しました)

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

CB Log

50MHzでは,今のところEスポオープンしておらず,バンド内近場のみ聞こえています.28MHz帯も然り.ではということで,CB帯を聞いてみました.まずは1chから8chをワッチしたところ,雲取山移動局が良く聞こえていました.しかしコールするも取ってもらえませんでした.CB帯もEスポが開いていないので,27555kHzのUSBコールチャンネルを聞いてみました.オーストラリアの43SD280局と43SD593局を確認できました.CQ DXを出していましたが空振りの模様.国内は静かでも,オーストラリア方面がオープンしていることになります.

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

Eスポ第2部

今日はEスポデーですね.いったん落ちたEスポですが,17時頃からは北海道北部方面が本格的に入感しだしました.Eスポは,西から東へ移動する傾向があるので,18時過ぎからは釧路市が入感しておりました.

またCBでは6chで「あおもりAA11?」局が,西方面の局を呼んでいるのが聞こえました.久しぶりにEスポで関東以外の局のコールを聞きました.

とりあえずEスポがフェードアウトしたようなので,NHK-FMの「今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧(ざんまい)」を聞きながら,約4ヶ月分のQSLカードを印刷しております.

| | コメント (0)

九州本土オープン

連休最終日ですが,50MHz帯にて待望の九州本土がEスポでオープンしました.私は9時半頃気づきまして,目標としていた糸島市および姶良市の局とあっさり交信できました.これで九州では嬉野市のみと言いたいところなんですが,本年度からの改正で福岡市と北九州市の行政区をもう一度やり直さなければなりません.区を市としてカウントしなおすというものですが,今更ながら辛いところです.区の中には,標準的な市よりも人口が少なく,移動場所が厳しいところとなると,交信が難しくなりますね.ちなみに嬉野市は,"市"ですが私の住んでいる"町"よりも人口が少ないようです・・・.

また大陸からのFM放送もがんがんと入感してました.室内ロッドアンテナのみのMDラジカセでも確認できるほどの局が複数ありました.いかんせん中国語なので,内容がさっぱりで,局名など不明.国内はFM沖縄?(87.3MHz)がうっすらと聞こえていました.50MHz帯では,11時半ころまでオープンしていましたが,大陸からの放送は12時ころまで聞こえていました.聞こえなくなるときは,突然ストンと信号強度が落ちます.

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

青木リスト閲覧ソフト更新

昨年アップしましたWindows Mobile向けのAoki List Viewer (ALV)ですが,連休中にソフト改良を行いました.改良点は,局探索速度の向上です.13mバンドはまだ多少時間がかかっていますが,前バージョンのものよりは使い勝手が良くなっているかと思います.その代わり最初の青木リスト・ファイル読み込み時,リスト内の全データを端末側メモリに読み込むようにしたため,数秒(場合によっては数10秒)時間がかかりますがご了承願います.本ALVのバージョン番号は1.9です.インストール方法や操作については前記事を参考に願います.

「ALV_19.exe」をダウンロード

いちようテストはしておりますが,デバッグしきれていない箇所がある可能性が多分にあります.したがいまして予期せぬ動作をするかもしれません.使用に際しては,自己責任でお願いします.

| | コメント (0)

2010年5月 3日 (月)

東京コンテストなど

5月3日恒例の東京コンテストに参加だけしました(いつものことですが面倒なのでコンテストログは提出しないつもりです).まずは50MHzを中心に,ここ10年くらい交信していない人をピックアップしてお声掛けしました.あとはJCCにカウントされるようになった政令指定都市の所謂"区"の局とも交信しました.最後にSSBにて久々にCQを出してみましたが,15局ほどに呼ばれるのみでした.毎年参加局が激減しているのを感じます.私が無線を始めた80年代中ごろは,旧天皇誕生日開催のALL JAコンテストをも凌ぐ?ほど,それはもう大変な賑わいでした.1日(正確にはコンテスト開催中の6時間)で東京全市や全区との交信も出来た年がありました.ちなみに全郡は,島嶼部(八丈や小笠原支庁)が鬼門でコンテスト中に出来たことがありませんでした.しかしいまでは市は絶望ですね.昔は近隣の武蔵村山,羽村,福生などからもアクティブに出ている人がいたのですが,最近は声を聞くこともなくなりました.

これもかつては100万局を遥かに超ええていた局数が今では50万局をきっているという,アマチュア無線人口激減が関係しているわけですが,毎年同じ人としか交信できなくなってしまうと,面白さもなくなってきますね.昔無線をやっていた人の復帰を待つと言っても,いまさらながらたかが知れているだろうし,新しく無線を始めようとしている方はもっと少ないのでは? まあ独特の世界なので,無理も無いでしょうか・・・.

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »