« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月27日 (火)

RNZI

Rnzi Radio New Zealand Interrnationlより返信いただきました。今月中旬に7285kHzのDRMを聞きました。17時台(JST)には、非常に安定して復調できました。受信報告はIRC2枚を同封し航空便で送りました。返信は約2週間と高速でした。

| | コメント (0)

2009年10月24日 (土)

CBトランシーバ修理

Icb87r ソニーサービスステーション秋葉原にて修理に出していたICB-87Rを取りに行ってきました。修理内容はロッドアンテナの交換です。伸ばすとアンテナ長が2m弱あるので、あちこちにぶつかったりしてぼろぼろになっていたので、交換しました。税込み3150円でした。ちなみにスピーカ周りのパッキングの交換も頼んだのですが、部品がないとのことでした。生産中止?が2005年なので、そろそろ部品も底を尽いてきた感じです。恐らくアンテナが一番痛みやすいので、修理不能になる前に、交換しておくとよいかもしれません。

ついでにアキバをぶらついてきました。相変わらず混んでいました。秋月などを徘徊した後、同軸ケーブルなどを購入し、まんだらけコンプレックスが開店する前に撤収しました。

| | コメント (2)

2009年10月21日 (水)

AWR

Awr Adventist World Radioから返信がありました。6月にグアムからの日本語放送を聴いた分です。返信に約4ヶ月かかりました。返信は、USAのIndianapolisからでした。

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

TI-83 PLUS

Ti83p TEXAS INSTRUMENTSの電卓TI-83 Plus (83P)を入手しました。83Pは8MHz Z80 CPU、24KB RAM、160KB Flash ROMを搭載しています。筐体裏の刻印では1999となっていますが、いまでも全世界でメインで使っている人が多いようです。ちなみに現在は後継のTI-84シリーズが売られています。

入手したもののOSが古かったので、最新OSへアップデートすることに。まずはTIのホームから最新OS (v1.19)をダウンロード。次にPCから電卓へ転送するためのケーブルをTIcalc HPを参考に製作。しかしPCで電卓を認識できず、ハード・ソフトをいろいろと試したのですが、断念。仕方ないので、TI純正の接続ケーブルを代理店より購入し、やっとのことでアップデートできました。

しかしOS入れ替えたものの、電源ON時に起動しない現象が多発。こうなるとメイン&バックアップ電池抜いたり、オールリセットしたりしてもダメ。とりあえず電源OFFのまま数日放置しておけば復帰するというなんとも中途半端な状況です。

ちなみにTI電卓のOSですが、愛好者がOSの認証キーを解析したという記事とこれに対しTIが公開をやめさせているという記事が出ていました。このあたりについてはIT Proなどの記事によれば最近動きがあったようです。

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

レピータ局

今季のJARL NEWSにレピータ局についての記事が出ていました。ここ数年(10年くらいか?)チェックしていなかったので自宅からアクセスしてみることに。木造2階建ての室内からFMハンディ機を使って、付属ホイップアンテナ、出力1W程度で、以前は6局ほどのレピータにアクセスできていました。今確認してみると青梅(昔は確か羽村だった)の439.92MHzと飯能の439.24MHzの2局のみアクセスできました。他は止まっているのか廃局したのか他局のアクセスすら確認できませんでした。

特に、同じく青梅の御岳山レピータはどうしてしまったのでしょうか。C560の出力50mWでも楽にアクセスできていたものですが。なんだか寂しくなってしまったものです。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »