« 沖縄シリーズ | トップページ | MJ »

2009年6月13日 (土)

宮城県気仙沼市

やっとのことで50MHz帯にて気仙沼市移動局と交信できました.

気仙沼市は,東京西部から見ますと,Eスポもグランドウェーブもどちらの伝搬も難しく,かといってスキャッター発生時にはもともと運用局数が少ないためか,聞こえてくることはまずありませんでした.これまでにも数度受信はできたのですが,交信には至っておりません.自宅の老朽化に伴いルーフタワー上のアンテナを数年前にグレードダウンしたので,交信できるとは思っていなかったのですが,なんとか電波が届いたようです.開局約25年目にしてやっと交信できた次第です.

ちなみに今日の交信は飛行機反射だと思います.6m webクラスターで気仙沼市移動局の情報がアップされたので,周波数を合わせ聞いてみたのですが,当初はかすかにSSBで誰かが出ているのがわかる程度で,交信できるレベルではありませんでした.しばらくワッチするも深いフェージングにより信号が全く聞こえなくなることはあるものの,交信可能レベルまで浮いてくることはありませんでした.しかし10分くらい聞いた頃でしょうか,近所の米軍横田基地から北方面へ輸送機?が飛び立つ音が聞こえると,気仙沼局の信号も徐々に浮いてきました.信号強度がS5程度に上昇し頃合を見てコールしたところ,交信できました.普段は煩くて厄介者の航空機ですが,本日は助けられた格好となりました.いままでにも何度か東北各局と交信するときに利用させてもらっています.

これで宮城県下の未交信市は,多賀城市と栗原市となりました.まだまだです.

ちなみに50MHz帯での東北地方未交信市ですが,青森県の平川市,秋田県の潟上市,北秋田市,岩手県の遠野市,久慈市が残っています.特に岩手の2市は平成の大合併で誕生した新しい市ではなく,古くからある市ですが,50MHz帯では一度も聞いたことがありません.おそらくこの2市で50MHz帯を運用していただける固定局がいらっしゃれば,相当呼ばれるのではないかと思います.(私の設備がチープで気づいていないだけかもしれませんが・・・.)

|

« 沖縄シリーズ | トップページ | MJ »

コメント

QSOおめでとうございます。
飛行機反射とは贅沢なQSOですが、実際にやった話は初めて聴きました。

投稿: 加茂光幸 | 2009年6月14日 (日) 15時40分

飛行機反射を使える時間が短時間(数分?)なのが難点です.経験では,短波帯以下の周数ではほとんど関係ないようですが,50MHz,144MHz,430MHz帯などでは,当方と相手局との間に飛行機が適当な高度で飛んでくれれば,うまく交信できることが多いようです.FM放送受信にも応用できると思います.
ちなみに私のところではVHF・UHF帯の地上アナログTVは,航空機が近所を飛ぶ度に,画面がゴーストでやられることが多いです.時には,画面が崩れて全くよろしくない状況になったりもしました.これは飛行機反射が裏目に出たということですね・・・.

投稿: Jimmy | 2009年6月14日 (日) 18時49分

つまり、ゴーストが出だすと飛行機反射の前触れということで便利ですね?笑

投稿: 加茂光幸 | 2009年6月15日 (月) 13時29分

そのとおりですね.ヘリでも影響を受けることがあります.
ちなみに戦闘機ですと轟音で分かってしまいます.最近は戦闘機の離着陸が減ったので大分静かになりました.

投稿: Jimmy | 2009年6月16日 (火) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄シリーズ | トップページ | MJ »