« 九州局が難しい | トップページ | ベリカード到着 »

2009年3月10日 (火)

高知放送と山陰放送

最近,どっぷりと中波受信にはまっています.九州が難しいと思っていたのですが,粘って聞いていると混信の中から,時々浮き上がって聞こえてくることがわかりました.となると受信が難しいのはどこかということですが,どうも高知放送RKCと山陰放送BSSが鬼門のようです.900kHzを毎日チェックしていますが,未だに識別できていません.同じくらいの信号強度の放送局が多数ひしめき合っているためか,常にウナリが発生しています.RKCとBSS以外では,北海道放送HBC(函館局)や中国語の局が聞こえます.東京西部からはHBCがいちばん良く聞こえます.これは22時台にHBCがTBS系のアクセス,RKCとBSSがニッポン放送系宇宙GメンTAKUYAなのですぐに判別できるからです.しかしRKCとBSSの区別が全くもってつきません.しかもHBC強すぎで,よろしくありません.

なんとか浮き上がるのを捕まえるしかなさそうですね.というよりも早くループ系の指向性アンテナを使ったほうがよいですね・・・.でもRKCとBSSって,東京から見ると20~30度しか到来角度差がないので,指向性でも切れにくいかも.

|

« 九州局が難しい | トップページ | ベリカード到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九州局が難しい | トップページ | ベリカード到着 »