« 淋しい熱帯魚 | トップページ | 恒例のQSO PARTY参加 »

2008年12月31日 (水)

IC-7600

今年は個人的に無線熱も冷え切ってまして,またマンネリ感のあるCQ誌などを買っていなかったので全く知らなかったのですが,icomからIC-7600という固定機が出るようです.というのを今月届いたJARL NEWS 2009年冬号の広告で知りました.HF帯でメインで使っているリグがIC-706mkⅡGMという50W出力のモービル機なんですが,経年劣化からかメインダイアルの塗装がはがれてきていてみすぼらしさを醸し出しています.また電気的特性もそれなりに劣化しているようです.約9年間使用してきたので,そろそろ買え時かと思っていました.次は100W機と思っており,スペアナチックな面構えのIC-7600あたりが良さそうです.DSP機の実力を感じたいものですが,ボーナスの大半が吹き飛ぶような定価約40万円という値段が・・・(それでも約70万円のIC-7700や約100万円のIC-7800よりは格安なのですが).とりあえず,初期ロットの不具合が修正され,値段もこなれた再来年あたりに狙いを定めようかと思います.でもicomのことだから,すぐにmkⅡとか出そうで迂闊に手を出せないところではあります.結局,老朽化した無線機でしばらく凌ぐ事になりそうです.

|

« 淋しい熱帯魚 | トップページ | 恒例のQSO PARTY参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淋しい熱帯魚 | トップページ | 恒例のQSO PARTY参加 »