« BSでルパン三世 | トップページ | ワンフェス会場でエスカレータ事故 »

2008年8月 2日 (土)

Z-1GRの改造

Z1gr オークションで入手したCASIOの16bitポケコンZ-1GRです.学校教育用モデルらしいです.それにしても16bit機がでていたのかという感じです.CPUは8086系で,アセンブラも内臓しています.昔,NEC 98系のゲームをアセンブラで作っていた時の知識が生かせそうです.BASIC,CASL,Cも搭載しています.試しにVX-4と同じく1000回ループをやってみました.

  • BASIC 1.1
  • CASL 0.1
  • C 1.3

各言語の所要時間[秒]です.VX-4では42.6秒かかっていたC言語のスピードが圧倒的に速くなりました.さすが16bitインタプリタ?です.アセンブラでは1000回ループは瞬時に終了するため割愛しました.

 最近,真のマイブームになりつつあるRAM増設ですが,Z-1GRも内蔵RAMが32kBだったので,128kB×2枚に載せ換えました.RAMは秋月で5個500円という128kB SRAM(M68AF127BM55,台湾製)を2ケ使いました.かなり手荒なRAM剥がしと小汚い半田付けでしたが,なんとか256kB認識してくれました.VX-4用に作ったシリアルUSBケーブルでPCとも通信できるので,ちょっとゲームでも作ってみようかと思います.

ちなみに取説がないのと,SHARP系に慣れてしまった私としては,操作に四苦八苦しています.特にBASIC命令を省略形で入力できないのが痛いです.かといって自由に定義可能なファンクションキー(リザーブキー)もありません.またSHARP系とは異なるBASIC命令もあるようで,どこかにBASIC命令一覧表でもあれば助かるのですか・・・.

|

« BSでルパン三世 | トップページ | ワンフェス会場でエスカレータ事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BSでルパン三世 | トップページ | ワンフェス会場でエスカレータ事故 »