« VX-4 早速RAM増設 | トップページ | PC-E500のRAM容量増設 »

2008年7月21日 (月)

VX-4 ベンチマーク

RAM増設したVX-4(CASIOのポケコン)を少しいじってみました。まずは1000回単純ループの結果です。

  • BASIC 3.9
  • CASL 1.1
  • C 42.6

各言語と処理時間(秒数)です。BASICはまあまあの速度が出ています。CASLもアセンブラにしては遅い感がありますが,こんなものでしょうか。しかしCはいただけません。確かにインタプリタCではありますが,BASICよりも遅いとは。VX-4のCは完全に学習用ですね。

少し気になったのですが,キー読み込みが甘い気がします。一度押したはずなのに反応していないことが多々ありました。

BASIC命令にグラフィック系の命令が用意されていないというのもいかがなものかと。用意されていれば,手軽に遊べるのですが。

ちなみにVX-4のCPUは,HD61700シリーズです。たぶん8bitCPUだと思います。名機PB-1000と同じです。高校時代(1987年頃)に友人(Manzou氏)が愛用していたディスプレイ部とキーボード部で2ツ折になるポケコンです。

次はVX-4のプログラムをパソコンに保存するための通信ケーブルを作成してみます。2.5φステレオプラグ・ケーブルと秋月で販売されているシリアルUSBインターフェイスで簡単に作れるようです。

|

« VX-4 早速RAM増設 | トップページ | PC-E500のRAM容量増設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VX-4 早速RAM増設 | トップページ | PC-E500のRAM容量増設 »