« 温度計を自作しましたが・・・ | トップページ | nx6120 CPU交換 »

2008年6月22日 (日)

久々のEスポ大オープン

今日は午前中からずっとEスポ(スポラディクE層)がオープンしています.アマチュア無線ではHFハイバンド(主に18MHz帯以上)および50MHz帯が大賑わいでした.私も午前中から50MHzで遊んでいたのですが,中距離Eスポも久々に聞けました.当地(東京西部)では,秋田由利本荘市,岩手八幡平市が通常では考えられないほどの強さで聞こえてました.本日は北方面中心のEスポでした.ときおり九州,四国,中国地方が聞こえてましたが,同時にオープンしている北海道局と混信してしまい,バンド内がめちゃくちゃになっていました.ビームアンテナを北と西に向けるのに忙しかったです.北海道は,Eスポの移動とともに北海道内の入感エリアが転々としていましたが,17時台でも聞こえていました.ひさびさの大オープンです.

ちなみに北東スキャッターも開けていました.これは,今日の場合,北海道方面のEスポで反射・屈折した電波がまた元来た方向に戻されるというものです.これで,直接アンテナを向けても聞こえない九州の局などが,アンテナを逆の北海道方向に向けると聞こえるという逆転現象となります.電波は直達よりも長い距離を伝搬するので,信号は弱くなります.また反射・屈折でも電波は弱まります.ほとんどの場合Eスポでの1回反射伝搬よりも弱い信号なのですが,Eスポでは難しい地域との交信には欠かせない伝搬です.

ちなみに今現在(18時過ぎ),国内はオープン終了した模様です.韓国局は数局聞こえていますので,大陸方面にはEスポが伸びているようです.

また今も,中国や韓国など大陸のFM放送局が非常に良く受信できています.局名は確認できていませんが,90から110MHzの間にざっと数えただけでも20局くらいがひしめいています.おそらく国内の1から3chのアナログ放送では,「ただいま異常伝搬が発生し画面が乱れることがあります」なんてテロップが出ているんでしょうね.

いや~,それにしても本日は私にとって数年ぶりの大オープンでした.本日は,大陸のEスポが日本に流れてくる可能性があるので,まだまだ気が抜けませんね.

|

« 温度計を自作しましたが・・・ | トップページ | nx6120 CPU交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 温度計を自作しましたが・・・ | トップページ | nx6120 CPU交換 »