« FX-502Pの処理速度向上改造 | トップページ | MIMOシンポジウム聴講 »

2008年1月27日 (日)

eton E1

ベストカカク.comにて,取り扱っている海外の短波ラジオの種類が大幅に増えています.いままでは,ICF-SW7600GRやDE1121しかなかったのですが,今見るとおなじみのDEGEN DE1103やeton E1, 同E5,GRUNDIG G5(E5と色違い?),REDSUN RP-3100,同RP-2100,TECSUN S2000などが追加されています.

個人的にはE1に興味があるのですが,ちょっと値段が高価(約5万円)です.特徴はドットマトリクスの広いLCD(5.7inch 240x320)搭載というところでしょうか.この広いLCDには,XMバンド受信時の曲名などの情報表示なんかはできるみたいですが,日本ではXMバンドは受信できないので,海外では既に販売されているXMなしバージョン(E1にもあるらしい・・・.GRUNDIG Satellit 1000)が扱われるのを待ちますかね.当然安価にもなりますし.またDRM受信ができないというのは残念です.せめてIF12kHz出力は欲しいところです.次期バージョンに期待と言うところでしょうか.

ちなみにE1は,PASSPORT to World Band Radio 2008誌のLAP PORTABLES(中型ポータブル機?)部門において,4と3/8という高スコアでPassport's Choiceに選ばれています.受信性能は,このクラスにしてはトップクラスのようなので,試してみたいところではあります.

|

« FX-502Pの処理速度向上改造 | トップページ | MIMOシンポジウム聴講 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FX-502Pの処理速度向上改造 | トップページ | MIMOシンポジウム聴講 »