« ICF-SW7600GRのBEEP音OFF | トップページ | グラボ交換 »

2007年11月25日 (日)

チャタリング防止回路を内蔵

Chat 電信で交信するときは,KATSUMIのエレキーEK-130を使用しています.しかしどうもチャタリング回路が弱いようで,正確なキーイングが困難になることがしばしばでした.そこでPICでチャタリング防止回路を作成し,EK-130に内蔵してみました.シュミットトリガをかませれば簡単にできるのですが,微妙なウェイト時間調整もできるようにPIC 16F84Aで組んでみました.回路的には簡単なもので,PICプログラムで良く目にするキーのチャタリング防止のウェイトを入れているだけです.なおPIC出力は,ホトカプラを使っています.もちろんトランジスタでも可ですね.なおウェイト時間の調整はプログラムで実現しています.つまり変更したいときはPICに再度プログラムを書き込んでいます.

16f84a_2 この回路自体は以前作成したものです.前回まではむき出しのままEK-130の外部に負荷する形で挿入していました.しかしキャリヤ回り込みなどが発生しよい結果は得られていませんでした.そこで今回あらためて内蔵した次第です.内蔵後はチャタリングが発生せず快適にキーイングできるようになりました.

|

« ICF-SW7600GRのBEEP音OFF | トップページ | グラボ交換 »

コメント

素晴らしいですね。
私のEK-130もチャタリングが出ています。
回路図等お教えください。
書き込み済みのPICもお譲りください。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: | 2012年3月 2日 (金) 17時41分

申し訳ございません.旧PCが故障したので,プログラムや作成資料が残ってません.
参考になるかどうかはわかりませんが,記憶していることを書いておきます.PICはPIC16F84A,クロックは4MHzもあればよいかと.
PICの電源は5V駆動させてます.なのでEK-130の12V(だったかな?)から,3端子レギュレータで確保してます.
PICのピンアサインとして,入力pin×2,出力pin×2を用意し,入力にKEY,出力にフォトカプラをかましてEK-130の入力に接続.フォトカプラでなく,トランジスタ経由でもOKです.
写真では,デバッグ用のプッシュSWやLEDが乗ってますが,チャタリング回路には直接関係ないので不要です.
プログラムはアセンブラでコーディングしてました.キーチャタリング防止は定番なのでサンプルプログラムはネットに落ちていると思います.
クロックにセラロックを使っているので,精度がまちまちで,試行錯誤して,チャタリングが起きないように,プログラムを調整しました.(個別調整になります)
web上にPIC入門ページが数多く見受けられます.単純な回路ですので,すぐに組めるかと思います.

投稿: Jimmy | 2012年3月 3日 (土) 19時49分

色々お世話になりました。
実はPICについて全くわかりませんので、勉強したいと思います。
メーカーに修理をお願いしたいのですが、営業停止とのこと、困っています。
旧PCや資料等も不在との由、誠に残念です。
もし、新設されましたら、その節はよろしくお願いします。
今後ともご指導ください。
ありがとうございました。

投稿: RAN | 2012年3月 4日 (日) 05時21分

RAN様
カツミ電機営業停止ですか,知りませんでした.ちなみにEK-160も愛用してます….(EK-160は,だいぶ使い倒しているのですが,いまのところチャタリングは発生していません)
PICによる工作ですが,はじめてみると思っていたよりは簡単だと感じるかと思います.私もとっつきにくいかなと思っていたのですが,やってみるとすんなりと入っていけました.
PICにプログラムを書き込む際には,秋月電子通商のAKI-PICプログラマを使っています.
一冊入門本がお手元にあると良いかと思います.私は,ちょっと古いのですが「改訂版 電子工作のためのPIC16F活用ガイドブック」という本を見ながら工作することが多いです.
今回は手持ちの16F84Aという18pinのパッケージを使いましたが,キーパドルのチャタリング防止であれば,I/Oとしては入出力合計で4pinあればよいので,12F683などの8pinパッケージのもので対応できるかと思います.
最近はあまり工作をしていないのですが,こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします.

投稿: Jimmy | 2012年3月 4日 (日) 09時25分

jimmy様
早速、後閑哲也さんの本を買いたいと思います。
「人生は自分自身との戦いなり」は昇地三郎さんの言葉ですが、人間は「良くなろう」と言う心と「だらけよう」「堕落して喜ぶ」心と相反する二つのものが同居しているとの事で、堕落願望を棄て向上心を持って生きていくことが人生だそうです。
私も向上心を持って生きてゆきたいと思いますが、なかなかそうはいきません。ハイ
ありがとうございました。

投稿: ran | 2012年3月 4日 (日) 19時14分

深緑の季節になりました。
この度はチャタリング防止のPICをお送りいただきまして、ありがとうございました。
外付け部品もほとんどなく、C言語(苦C)で書かれ、しかも防止時間を可変抵抗で調整できる素晴らしいプログラムには感動しています。接続図
・接続の仕方まで詳細にお教えいただきまして、
感謝いたします。また、スルー回路も設置され、感心しました。
私もアセンブラを覚えてウエイト処理も検索して
ライターを買い実行しようと思っていたところでしたが、不安な面もあり迷っていましたので、大変助かりました.C言語でのチャタリング防止プログラムを拝見しましたが、変数宣言等難しそうですが、老化した脳を活性化させるために、本を
購入したいと思います。早速、EK-130に組み込んで、7メガCWに出ます。
今後ともよろしくご指導ください。
ありがとうございました

投稿: ran | 2012年5月11日 (金) 19時53分

今日、頂戴しましたチャタリング防止回路のPICをEK-130に組み込みました。
完全にチャタリングが出なくなりました。
しかも、高速で実に歯切れの良い符号を打てるようになりました。これから使わせていただきます。本当にありがとうございました。

C言語を勉強していますが、さっぱりわかりません。向上心を持って行きたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: ran | 2012年5月22日 (火) 19時56分

組み込み成功ですね!
順調に動作しているようで,ほっとしております.

投稿: Jimmy | 2012年5月22日 (火) 21時33分

申し訳ございません。このたびは私の下手な配線を手直ししていただき、ありがとうございました。おかげ様で、回路の勉強をさせていただきました。
ご迷惑をお掛けするような気がしていましたので、心苦しくてなりません。
今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

投稿: ran | 2012年6月 6日 (水) 04時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ICF-SW7600GRのBEEP音OFF | トップページ | グラボ交換 »