« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

TBS観れません

自分の部屋で格安で手に入れたAQUOS LC-26GD2を使っている.地デジ本放送が始まり,東京多摩地区でまともに受像可能になった頃から使用しているが,ときどき地デジのTBSが受信できなくなることがある.これは,TBSを見たまま電源をOFFにし,しばらく経ってから電源を入れたときに発生することが多い.

自宅の受信設備は,屋外のUHF TVアンテナから部屋まで12mほど同軸を引き,MASPROの受信ブースタを噛まして約20dBほどゲインを稼いだ後に,受信ブースタ出力が2つあるので,一方をLC-26GD2に,他方をHDDレコーダに接続している.LC-26GD2でTBSが受信できないとき,HDDレコーダではしっかりと受信できている.また受信ブースタ出力を入れ替えても,AQUOSでは受信できないが,HDDレコーダでは受信できている.したがって受信ブースタ出力までは問題ないようである.LC-26GD2でTBSが受信できないときに,受信電界強度を見るモードで確認すると,0dBとなっていて全く信号が受かっていない.HDDレコーダで受信できているのだからそんなはずはないだろう.やはりLC-26GD2の不具合と考えている.他の地デジやBSデジは正常に見えているし,とにかくTBSが受からないだけなので,どこが悪いのかは不明である.ソフト的なバグだと思ってはいるが・・・.

この状況が発生したときは,一度電源OFFし,3分くらい経った後に電源を入れ直すと正常にTBSが受かるようになることが多い.めったに起こらない現象ではあるが,発生するとけっこうイラつく.当分買い換える予定はなく,買い換えるとしたらやはりAQUOSをと考えてはいるが,こんなバグ?が発生しているのを見過ごしているかと思うとちょっと他メーカも考えなければならないと思う.ちなみにネットで検索しても今回の不具合の報告は上がっていない.まあマイナー機種で使っている人も少ないし,型落ち機種なので黙殺されているのかもしれない.

最後に,このLC-26GD2は当時の価格で45万円位していたというのを知ったときは面食らったが,2年くらいで15万円以下になっていた.しかも最新のAQUOSと比較すると明らかに画質が悪い.特にスポーツなどの動きの激しい画像で顕著.ここ数年の技術革新はすごいと思う.

| | コメント (0)

2007年9月24日 (月)

通勤ラジオで中波DX受信にチャレンジ

Icfr550v 最近は3連休続きで,しかも月曜の休みが多い.せっかくなので中波遠距離放送局受信にチャレンジした.というのも月曜の早朝は,国内の民放局がメンテナンスなどの理由で停波することが多いからである.それにしても中波遠距離受信なんて中学生のときベリカード集めに熱中していたとき以来だ.なお受信地は東京の自宅の木造2階建ての2Fである.

ちなみにアマチュア無線用語で,遠距離の局と交信したりすることをDXという言葉で表している.今回は,普通の通勤用ポケットラジオ(SONY ICF-R550V)でどの程度DXが聞こえるかを検証してみた.外部アンテナは用いず,内蔵のバーアンテナのみで挑戦した.とりあえず1時間くらい遅くなってしまったが3:00頃から起き出してきて中波帯を下からなめてみた.まだ民放局もちらほら聞こえている.NHK第2は停波している模様.それにしても朝鮮語とロシア語局が多い.不思議と中国語の局が少ないというか皆無.停波しているのか不明だが,伝搬の関係か.

まずは中波DX定番の1548kHzを聞いてみた.ラジオの向きをいろいろと変化させて聞いていると,何か不明な言語(現地語か?)のトークが聞こえてくる.待望のDW(ドイチェ・ヴェレ)のスリランカ中継かと期待したが,ID(放送局名やコールサイン)は確認できず.やはりもう少し早い時間の英語番組を狙ったほうが良かったかもしれない.

次に私的に注目していた1575kHzに合わせてみた.国内AFN(三沢・岩国・佐世保のどれかは不明)がクリアに聞こえていた.この周波数で数日前の23:00頃,東南アジア系言語と思われる局を受信していたので,どこか確認するつもりであったが,目的の局はまったく聞こえなかった.ちなみに栃木放送のいない1530kHzでは韓国のAFN(AFKN)が明瞭に入感していた.この時間帯は,大陸方面特に朝鮮半島からの伝搬が良好のようである.

いろいろとワッチしてみたが4:00ちょい前,さしてDX海外局の収穫も無く,国内民放局が出てくる時間になったので,国内DXに切り替えてみた.普段聞こえない局で確認できたのは,864kHz福井放送,1197kHz熊本放送である.ラジオ沖縄を期待していたところ福井放送が辛うじて確認できた.この周波数では,4局位が重なっており,北海道放送の支局と朝鮮語の局が強く入感していた.残る一局がラジオ沖縄のようであるが,浮き上がっては来なかった.同時に狙っていた738kHz琉球放送も北日本放送に潰され確認できなかった.熊本放送は,たまたまIDの部分だけが浮いてきたが,それ以降は茨城放送が混信しているため確認できなくなった.国内DXもしっかりとタイムスケジュールを確認し,目的の局の混信が少なくなる時間に再チャレンジしたい.

今回は寝ぼけながらのお手軽受信でも,近隣諸国の局がいろいろと聞こえることを確認できた.ループアンテナなどで武装し,しっかりとしたレシーバで聞いてみたい.来週も都民の日で会社が休み(というか創立記念日)なのでチャレンジしてみますか.

| | コメント (0)

2007年9月17日 (月)

HP 35s

35s 1ヶ月悩んだ末,HPの関数電卓35sを購入しました.HP関数電卓誕生35周年記念モデルという位置づけです.デザイン的には,昔のHP電卓らしく良いですね.操作もまずまずではないでしょうか.というより,私はRPNにはまだまだ不慣れなので,まあこんなものかなと感じています.私が最も注目していたのはプログラム機能です.CASIO fx-502Pのようなキーストロークによるプログラムが可能です.しかも約30kバイトも使えるので相当大規模なものも入ります.しかしUSBなどの外部入出力インターフェイスが無いので,すべて手で打たなければなりませんし,せっかく組んだプログラムのセーブも出来ません.これは残念です.またBASICのPOKE,PEEK,CALLといった,ハードを直接叩くような命令がないようなので,与えられたコマンド系でプログラムすることになります.プログラム実行スピードは,やや遅い感じがします.1000回単純ループで約33秒もかかりました.ちなみにfx-502Pは約26秒でした.まあリアルタイムゲームも作りづらい(作れない?)コマンド系なので,プログラム実行スピードはそれほど要求されないためでしょう.しばらくは付いてきた英文マニュアルを読んでいろいろと試してみようかと思います.英語の勉強にも良い教材かも.とりあえずマニア向けツールとして,HP 35sは良いガジェットではないでしょうか.

| | コメント (2)

2007年9月 9日 (日)

ハチの巣

Photo 自宅軒下にアシナガバチが巣を作っていました.直径10cmくらいでしょうか.颱風9号の暴風にも耐えました.スズメバチでなくて良かったです.とりあえずそのままにしておこうかと思います.

今年は自宅付近でスズメバチも多々見かけるようになりました.ハチが多い年は,颱風が多いといいますが・・・,いまのところは少ないですね.

| | コメント (0)

2007年9月 2日 (日)

世界陸上 女子マラソン

朝起きたらTBSで女子マラソンをやっていたので,何の気なしにぼ~っとみていました.しばらくみていたら,大阪城近辺だと思うのですが,沿道を数人の若者グループ(おそらく大学生)が,トップ集団と並行して走っていました.その内のひとりが「勝訴」という紙を持って走っていたので大笑いしてしまいました.大阪人のユーモアのセンスは素晴らしいですね.このおかげかどうかは不明ですが,日本人個人種目唯一(9月2日16:30現在,エキシビジョン除く)のメダルを土佐選手が獲得できました.

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »