« YMO Live! | トップページ | ドンキホーテ »

2007年7月 8日 (日)

富士山レピータ

本日,アマチュア無線設備(RIG:IC-706mkⅡ,ANT:8mHi ブロードバンドGP)でCB無線1ch(26.968MHz)を聞いたところ,東京西部ロールコールが聞こえてました.キー局は,影信山移動局です.さすがに自宅からでは,CBトランシーバでは聞こえてきませんので呼んでも拾ってくれませんでした.しばらく聞いていると,これから特定小電力の富士山レピータを試してみますとのこと.えっ?富士山にレピータがあるのかと驚くとともに,まさか自宅からは聞こえないだろうと思ってました.特定小電力無線とは,無免許で合法で使える400MHz帯FMで送信出力10mWのものです.出力はコードレス電話並です.携帯電話よりも小さい電力です.私もICOMの特定小電力トランシーバー(IC-4088)を持っているのですが,さすがにこれでは聞こえてきません.ならばと屋根の上(約10mHi)に上げたアマチュア無線用430MHz帯10エレシングル八木を富士山方向に向けて,レピータ13ch(421.725MHz)をワッチしてみました.なんと聞こえてくるではありませんか!!確かに見通し距離ですが・・・.レピータの設置位置が富士山何合目なのかはわかりませんが,オドロキです.信号強度はスケルチがやっと開くくらいでSメータもほとんど振れませんが,会話がわかる程度の強度はありました.S1ですかね.でもたった10mWですよ.まさか聞こえるとは思いませんでした.受信設備があれば,確かに電波は,見える範囲には広がって届くんですね.ちょっと感動しました.こうなるとCBはもちろん,特定小電力も馬鹿には出来なくなりますね.

ちなみにこの富士山レピータは,有志の方が設置したもので,明日くらいまではバッテリーが持つとのことでした.また誰かが回収しに行くんですね.大変ですが,お気をつけ下さい.

|

« YMO Live! | トップページ | ドンキホーテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YMO Live! | トップページ | ドンキホーテ »