« ドンキホーテ | トップページ | 学研トランシーバ CQ6 »

2007年7月14日 (土)

PC-1255

Pc1255 SHARP PC-1255とCE-125です.CE-125は,マイクロカセットにプログラムの保存ができます.また専用ロール紙に印刷が可能です.いまテストしたのですが,プログラムの書き込み・読み込みが出来ていないようです.ただマイクロカセット自体を再生できる他の機器を持っていないので,書き込み自体が出来ているのかどうか不明です.印刷はロール紙が無いのでテストできていません.

写真ではVRAM(PC-1255の場合は&F800)にランダムにデータを書き込んで表示させています.このとき液晶ONにしないと表示されないので,下記マシン語プログラムを書き込んで実行しています.これは「工学社の機械語マニュアル」に載っているものです.ただしプログラム自体はリロケータブルですが,多機種では適切なアドレスに書き込まないといけません.私のPC-1255の場合,リザーブエリア(&A000)に書き込みました.

POKE &A000,&12,&5F,&61,&01,&DF,&37

実行はCALL &A000です.また画面両端付近には,VRAMを演算ワークエリアに使用しているため,ゴミが表示されます.

SHARPのPC-1245/PC-125x/PC-126xシリーズは,筐体が小さく,私は非常に好きです.また中学生のときに購入したPC-1261でプログラム(マシン語)の面白さに魅了されたのでよりいっそうその想いが強いです.いまでは,このシリーズはオークションなどでしか入手できません.しかも経年劣化で液晶が薄くなったり,漏れてしまっているものが多いです.コンピュータやプログラムの基礎を学ぶにはポケコンは絶好の道具だと思います.ぜひまた小型のポケコンが復活することを願うばかりです.

|

« ドンキホーテ | トップページ | 学研トランシーバ CQ6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドンキホーテ | トップページ | 学研トランシーバ CQ6 »