« PC-1501 | トップページ | PIC LED時計 »

2007年6月30日 (土)

EL-5100S

El5100s SHARPの関数電卓EL-5100Sです.中学生のとき(1983年頃)にアキバで買いました.このEL-5100Sは,一見ポケコンぽいのですが,BASICなどのプログラムは組めません.いちよう80ステップの簡単な式の記憶は可能です.dB計算なんかは記憶できます.最近の電卓には少ないDr.Koukiss御推奨のメタルボディなので良い感じです.消費電力は0.0009Wと非常に少なく,今までに電池交換は片手で数える程度しかしていません.ときどき電池の液漏れチェックはしていたので,内部は正常です.ただし最近LCDの劣化で視野角が狭くなってきました.特に手前から斜めに見ると薄くなってしまっています.ただ正面から見れば,正常に見えます.いままでポケコンのサブとして使ってきました.とりあえずコレクションとして所有しておこうかと思います.

なんだかんだいって,部屋には古い電卓やらポケコンなどの小物が多いです.所有しているPC-1261のSWがへたっているので,ヤフオクで入手をもくろんでいますが,良いものがなかなか出品されないですね.あとは憧れのPC-1350と昔知人にあげてしまったPB-100なんかも狙いたいところです.

|

« PC-1501 | トップページ | PIC LED時計 »

コメント

 うーん、やはりアルミボディーの筐体は美しいですね。最近の電卓はコストダウンのためにプラスチックの筐体が多くて気に入りません。各メーカーもいい加減、金属ボディーがいかに魅力的か知るべき(再認識すべき)でしょうね。ここ最近(もう10年前ですが)では、SONYのVAIOでマグネシウムボディーで人気になった例がありますよね。技術者は金属好きなのです。

投稿: Koukiss | 2007年7月 1日 (日) 21時26分

確かに昔のポケコンはメタルボディが多かったですね.そのため,落としたりぶつけたりしても,多少ボディが変形するだけで頑丈でした.1980年代後半から,プラスチックボディに徐々に移ってしまいました.LCD大型化とともに,本体がでかくなり加工が簡単で,軽量に出来るためなのでしょうね.ちょっと残念ですね.

投稿: Jimmy | 2007年7月 1日 (日) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PC-1501 | トップページ | PIC LED時計 »