« 細野晴臣トリビュート アルバム | トップページ | 沖縄オープン »

2007年5月 1日 (火)

C#本

今年に入ってVisual C# 2005の良本があいついで発行されています.私が今まで使用した本も合わせて紹介したいと思います.これらの本の良し悪しは個人差があるので,あくまでも私見です.

  1. かんたんプログラミングVisual C# .NET 基礎編 技術評論社
  2. Visual C# 2005 逆引き大全500の極意 秀和システム
  3. Visual C# 2005 基礎300の技 技術評論社
  4. Visual C# 2005 パーフェクトマスター 全機能バイブル決定版 秀和システム

1.はC# 2005用ではなく,".NET"という接尾語が付いている頃のものです.私はこの本でC#を始めました.私にとっては非常にわかりやすい本でした.いまでも基礎的なことを調べるのに使ったりします.

2.は,1.よりも高度な処理をさせたいときに,辞書的に使用しています.項目ごとに細かく分類されているので,よっぽど特殊な処理をさせない限り,ほとんど本書で済みます.

3.は最近購入しました.2.では解説されていないことも多いので,サブ辞書的に使用し始めました.この本も機能ごとに分類されています.2.同様,即ソースコードを引っ張ってこれるので便利です.

4.も最近発行された本です.本書は体系的にC#全般を学べる良書です.まだ全てを読み終わっていないのですが,前頁オールカラーで非常に読みやすく理解も早いですね.本書はC#がどのような仕組みで動いているかが理解できるので,実際のプログラム作成中も,原理を考えながら組むことが出来ます.これは重要なことだと思います.ただプログラムを組んで,動いた,良かった良かったでは,進歩がありません.考えながら,プログラムを組むことで,バグも少なくなりますしね.

もしC#を始めようとしている方や(C#は細かいことは知らなくても簡単に組めるためあまりいらっしゃらないとは思いますが)一度挫折された方もこれらの本でC#にどっぷり浸かってみてはいかがでしょうか.

(最後に,私はマイクロソフト,技術評論社,秀和システムとは全く関係ございません.)

|

« 細野晴臣トリビュート アルバム | トップページ | 沖縄オープン »

コメント

C#本の紹介、参考になりますね。3の「Visual C#2005」技術評論社は、偶然にも5/1にKoukissも購入しました。なかなか、すっきりした書き方をしていて、辞書的に使うとよさげですよね。
で、肝心のC#のお勉強はあまり進んでいません。
「dB夫人」はあらかた完成したのですが、肝心の計算部分を組んでいないです。

投稿: Koukiss | 2007年5月 6日 (日) 20時15分

koukissさんも3.を購入していたんですね.ちょっと特殊用途に偏っている感もありますが辞書的使用には良い本です.ただ本質を知るには別の本がよろしいかと思います.このあたりはあまり良書がないのです.マイクロソフト公認の本が多く出回っていますが,私には理解し辛いものでした.とりあえず4.あたりですかね.

投稿: Jimmy | 2007年5月 6日 (日) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 細野晴臣トリビュート アルバム | トップページ | 沖縄オープン »