« 今年の初蚊 | トップページ | ICF-SW7600GR »

2007年4月21日 (土)

50g入手

本年初頭,一時的に知人から借りていたHP電卓50gを貰える事になりました.早速今日とりに行ってきました.近所なのですが,町議会議員選挙が明日なので,選挙カーが邪魔でまいりました.別に応援しているわけでもないのに,よろしくお願いしますと一方的に言ってくる輩が多く困りました.時にはその辺で遊んでいる子供に向かって,お父さんお母さんによろしくねって,子供が選挙なんて知らんでしょう.しかも知らない人に言われても・・・.情報網が発達した現在,選挙運動も,効率的かつ他人に迷惑をかけない方法がいくらでもあるのではないでしょうか.

さて50gですが,知人曰く,「結構使ったけど慣れなかった」とのこと.やはり通常の電卓にどっぷり浸かっている人には向いていなかったようです.とりあえず私も慣れるまでは使いづらいんでしょうね.とりあえず電卓代わりに使います.それにしてもCPUがARMの電卓というのも高級すぎますね.

さっそくちょっと使ってみたのですが,四則演算程度なら何とかなるのですが,ちょっとプログラムでも組もうものなら,かなりストレスを感じました.以前借りたときの操作もすっかり忘れています.やはりHP電卓に免疫が無い人にとっても直感で使えないとかなりキツイですね.TI電卓も最初はとっつきにくかったのですが,直感で操作できる範囲が広いように感じます.

とりあえず,悩んだことを備忘録として書いておきます.

キー入力の反応をよくするための設定を調べたました.これはワンキー入力時にチャタリングのように複数回入力がなされてしまうものです.RPLモードで,100等の値をスタックに入れ,右シフト+「CAT」でコマンド選択窓から「→KEYTIME」を選んでENTER.値が100だとあまり変わらないような気がする・・・.

もうひとつはPCと接続する際の通信モードに入る方法です.電源ON後,再度ONキーを押し,右シフト+「→(カーソルキー右)」と押すとXSERV()が表示されるので,ENTER.

|

« 今年の初蚊 | トップページ | ICF-SW7600GR »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の初蚊 | トップページ | ICF-SW7600GR »