« 消えたファイル | トップページ | ダイヤモンドシティ・ミュー »

2006年11月12日 (日)

自分の居場所

現在,仕事に不満はないのですが,現職場の体制(主に人間関係)に不満があります.今回はちょっとグチを書きたいと思います.

先週,自称上司(課長)から苦言をいわれ,かなりブルーな気分でした.(とはいっても,今に始まったことではなく,彼の思いつきのグチを聞かされているようなものです.いつものことなのでいちいち気にしていられませんが.)

どうも私のやってきた方法は自称上司にとって生温いようです.もっと,後輩を指導したり,現システムについては理解してこのシステムなら任せられるようになって欲しい,部長の負担を減らせるようになど.確かに,今までやっていた方式を不本意にも中断させられ,後輩(決して部下ではない)の方式の手伝いをさせられているので,いまいちモチベーションが上がらないことは確かなのですが,それでもいちようそれなりには進めていました.自称上司にもべつに負担をかけているわけでもありません.そもそも現方式は,その後輩主体で進めているはずです.苦言なら後輩へどうぞ.それにしても私には後輩であっても,いちよう表向きは研究を進める職場にいる以上,対等に向かい合うべきであり,上下関係はないと考えています.また部長の負担を増やしているのは,自称上司ではないでしょうか.

それにしても部下の評価を正しく出来ない人だということを改めて確認させていただきました.要するに,この自称上司は,上司のいうことを聞く人,単なるアピール上手が仕事が出来る人と評価をしているようです.部下がいうことを聞くと思っている時点で間違いですね.(確かに学部卒の人が博士や修士の評価を正しく出来ないでしょう.表面上の数値が多く提出されているだけで,本質を見抜けないようではまだまだでしょう.ご自身に技術力があると思っている時点で間違っています.他部署に上手に指導しているように部長らには映るのでしょうが,当の他部署からは煙たがられていることを自称上司は知る由もありません.とにかく技術者は進歩が止まったら終わりです.努力して欲しい.)

私も自分の意思で自称上司の元で働いているわけではありません.最初は,手伝いから入り,その後数年一緒に仕事に携わってしまったばかりにそのままなんとなく部下にされてしまいました.

数年後に現部長(チーム長)がラインから外れたとき,おそらくこの自称上司がエスカレータ式にチーム長に収まるでしょう.そのときこの人の下で評価されるかと思うと,ここに自分の居場所はないなと感じたしだいです.

いまは,「哲学をもちなさい」(恩師池上教授)および「上司に恵まれなかったら,実力をつけるしかない」(九州大赤岩教授)というこれらのお言葉を胸に刻み,精進していきたいと思います.(決して上司のためではなく,自分のためです)

|

« 消えたファイル | トップページ | ダイヤモンドシティ・ミュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121988/4155876

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の居場所:

« 消えたファイル | トップページ | ダイヤモンドシティ・ミュー »