« FT-690 | トップページ | ICB-790T »

2006年7月 3日 (月)

D-CJ01

Dcj01 SONYのCD WALKMAN D-CJ01です.(写真では,渡辺美里のCDを入れて再生しているところです.)

いきなりダメだしですが,なんといってもCD再生時に量子化ノイズと思われる耳障りな音が聞こえます.特にBASS音を強調するモードにすると顕著に現れます.このノイズのレベルは小さいのですが,曲間やクラッシックなどのピアニッシモ以下などで目立ちます.具体的には,ピー,ビーといった感じの音が曲に合わせて変化しながらかぶるのです.おそらく曲の周波数成分に反応して余計なノイズが付加されるのでしょう.いかにもディジタル回路の詰めが甘いです.

次にMP3再生を特徴の一つにあげておきながら,コーデックが再生に間に合わずに曲が途切れます.もちろん再生した曲データは,いたって普通のものです.いろいろ試しましたが,6割方は再生時に途切れました.これでは,音楽は楽しめません.また上記のノイズも混入していました.

ただ,よいところもあります.ボディーが透明なので,入れているCDが確認できます.また,CD再生電池持続時間がわりと長ことです.2500mAh程度のNiMH電池で一日2時間聞いて大体2週間くらい使えました.電池自然放電も考えれば,まずまずでしょう.

やはり,組み合わせ的に即席で作っている感じが否めません.SONYさんには,パンチのある独自技術で,突っ走ってもらいたいのですが.

|

« FT-690 | トップページ | ICB-790T »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121988/2478933

この記事へのトラックバック一覧です: D-CJ01:

« FT-690 | トップページ | ICB-790T »