トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月29日 (木)

PC-1261

Pc1261 SHARPのポケットコンピュータ(ポケコン)PC-1261.私が中学生のときに,とある病気で2週間ほど入院したのですが,暇な病院生活を有意義なものにしてくれたのが,このPC-1261です.当時,ポケコンはSHARPとCASIOが競っていろいろな種類を出していました.私は,PC-1245も持っていたのですが,画面の狭さと,メモリ量の少なさから,PC-1251あたりを購入しようとしていたところに,PC-1261が発売され,なんとかお金を貯めて購入しました.(すぐに画面の広いPC-1350が発売されがっくり来ました.)

スペックは,RAM8kB,5×7dot 24桁×2行という今ではかなりチープなものです.それでも当時はバリバリとプログラムを組んでました.ちなみにPC-1251は,BASICからVRAMに直接書き込むと画面端にゴミが出ることがありましたが,PC-1261は出ません.

BASICはもちろん,マシン語も使えるので,非常に勉強になった機種です.特に当時は,まだマシン語の仕様が完全には公開されておらず,マニアが独自に解析した結果なんかを雑誌に投稿していました.私も,THE BASIC,I/O,Pio,POPCOMなどを読み漁り,マシン語やアルゴリズムを身に付けていきました.また,PC-1251用のマシン語プログラムは,PC-1261ではたいていの場合,そのままの移植では動きません.VRAMのアドレスや,システムコールのアドレスが異なるためです.これを解析しながら直しつつ移植し動いたときには非常に感動したものです.いまでは,全く忘れてしまいましたが,当時はマシン語コードを暗記していまして,16進数のままプログラムをスラスラ書いていました.今考えると,よく出来ていたなあ,過去の自分を尊敬してしまいます.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

30℃

本日21:50現在の室温が30℃でした.非常に蒸し暑いです.私の部屋には,冷房といった気が利いたものがないのです.窓全開(いちよう網戸付),扇風機フル回転で凌いでいます.しかもPCを起動すると,これが結構いいファンヒーターとなっていまして,気温が上がっていきます.最近は,いろいろなストレスなどからよく眠れない日々が多いので,このままだと気温によりさらに眠れなくなりそうです.いままで,クーラー無しで来ましたが,結構値段もこなれてきたようなので,今年は購入を検討してみます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

ICF-7600D

Icf7600d_1今日は,SONYのラジオICF-7600Dを紹介します.当時兄貴分のICF-2001が欲しかったところに,廉価版のICF-7600Dが出たので,迷わずに当時中学生だった私は,お年玉を貯めて購入しました.発売は1983年です.

すでにBCL(Broadcasting Listener)ブームも下火になっていましたが,私は1981年頃からはまっていました.最初は,夜間の遠距離中波放送(普通のAM放送)を聞いて,放送局へ受信報告書を送り,ベリカードという証明書を集めることに没頭していました.その後短波日本語放送,そして全世界の短波放送局へと範囲を広げていきました.このラジオを買うまでは,ディジタル表示だけどアナログチューニングの短波ラジオだったのですが,一気にディジタルチューニングとなり,目的の放送局も一発で合わせることが出来,非常に感動しました.このラジオで,難関のアルゼンチン放送を聞けたことと,Radio Japanのアフリカ・ガボン中継を21MHz帯で聞いたことが印象に残っています.私にとって,無線への興味を増幅してくれたアイテムでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

X51v

マイブームでは,私がはまっているもの,はまってきたものを紹介していきます.

Axim_1 第一弾は,Pocket PCのAXIM X51vです.これはDELL正規ネット販売で安かったので思わず購入してしまったものです.(やはり戦略に引っかかっている・・・)

比較したのは,iPAQシリーズとW-ZERO3です.W-ZERO3は皆さん持っていることと,値段が高価であり,iPAQも高価だったので,結局X51vにしました.

当初は,OS問題(Windows Mobile 5.0)によるさまざまな障害がありましたが,いろいろと調査し,いまは問題なく快適に使用できています.特に便利なのが,無線LAN内臓なので,ちょっとネットサーフィンしたいときに重宝しています.いちようmp3プレーヤにはなるし,ゲームは可能ですし,電子辞書にもなるので,非常に便利です.

ただし,ちょっと電池のもちが悪いですね.電源設定でPOWER SAVEモードにし,画面輝度を落とすことで,だいぶ保たせることは可能ですが,商用電源が使用できない場合は大容量電池をそろえておくと良いかもしれません.(私はサードパーティ品を購入しました.本体から出っ張って装着するので格好は悪くなります.また,付属の本体カバーが使用不可となります.)

簡単な自作プログラムをVisual Studioを用いてPC上で作成し,X51vにアップして使用できるというのも,楽しいです.ポケコン好きの私にとって,高機能なX51vは非常に満足のいくものでした.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DSC-P1

裏マイブームも書いていきます.これは,私にとっていまいちだったものを紹介していくシリーズです.私の偏見なので,気を悪くなさらないでください.(たまたま,私が使ったものがはずれだったのかもしれませんので.)

第一弾は,初めて購入したデジタルカメラDSC-P1です.(某放送器課では,サイババ・ショットで通っているやつです.)

購入当初はいろいろと遊べたのですが,その後の悪さが目立ち始めましたので,報告いたします.

なんといっても,電池がらみです.どうもお得意のインフォリチウム電池は,電池端子が錆とまではいかなくても,酸化したり(温度も関係か)しているとすぐに「インフォリチウムバッテリー」を使用してくださいなんていうメッセージか表示され,全く充電できませんでした.またメッセージが出なくても,充電が正常に出来ず,中途半端なところで充電が終了してしまい,結局10分程度しか使用できないなんてこともたびたびありました.これが最悪です.また,予備の満充電したバッテリーに交換したときも,端子が酸化していたりすると同様のメッセージが表示され,使用が出来なくなりました.その後のアフターサービスで本体と電源周りと電池の改良がなされたようですが,あまり改善されていないようです.(このときのアフターサービスは,対応が良かったのでさすがとは思いました.)

今日,久しぶりに使おうとしたら,いつものメッセージが出るではありませんか.インフォリチウム使ってるっちゅーのに.電池の電圧計ったら,まだ残っているし.完全に,電池端子の腐食を考慮しなかったお粗末な結果となりました.また,予備のほうは完全になくなっていたので充電しようとしたら,またメッセージです.まったくたまりませんな.しょうがないので,接点復活剤を吹き付けて,端子をきれいにしてからなんとか充電および使用可能となりました.他の点は,可もなく不可もなく程よい感じだったのに残念です.(当時TVCMを多く流していたDSC-P1を購入した後,まもなくさらに薄型の同程度の機能のカメラが出たこともこの機種に不信感を抱く要因にはなっていますね.いつもの戦略に引っかかった私も悪いのですが.)

| | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

Dr.Koukiss

職場の師匠でもあるDr.KoukissのHPを紹介させていただきます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立ち上げました

ココログを立ち上げてみました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年7月 »