2017年4月15日 (土)

FM補完中継局

先日受信報告した文化放送(JOQR)とニッポン放送(JOLF)のFM補完中継局のベリカードが届きました。

参考?までに小学生の頃(1982年)に入手したベリカードと並べてみました。

Img019 JOQR (2017年)

Joqr1982 JOQR (1982年)

Jolf2017 JOLF (2017年)
Jolf1982 JOLF (1982年)

これでFM補完中継局ベリカードは3局となりました。

| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

金沢と和倉

休みを取って、金沢と和倉温泉に行ってきました。

行きも帰りも新幹線を使いました。長野駅から北陸新幹線かがやきで1時間ほどで着いてしまいます。

2泊3日の旅程を組みまして、主だったところを回ってきた次第です。おおよその旅程は次の感じです。

  • 1日目: 21世紀美術館、兼六園、金沢城公園など
  • 2日目: 西茶屋街、東茶屋街、金沢蓄音器館、和倉温泉など
  • 3日目: 尾山神社、県立歴史博物館・加賀本多博物館など

人気があると聞いていた21世紀美術館は混んでいましたが、私的には何が面白いのかいまいちわかりませんでした…。有料コーナーが展示入れ替えのためやっていなかったというのもありますが。

兼六園は良かったです。園内があんなに広いとは思ってもみませんでした。さすが日本三名園の一つ、庭園の手入れも行き届いており、なんといっても見事な苔に喰いついてしまいました。

金沢城公園の石垣も見事でした。

和倉温泉には、特急能登かがり火&サンダーバードで行って来ました。行きも帰りもほぼ満員でした。和倉温泉自体は、よくある温泉街の風情で、少し寂れ感がありますが、良いところでした。温泉に浸かり日頃の疲れも取れました。

いろいろと見どころ満載でしたので、まだまだ訪ねてない箇所が多くありますので、再度訪れてみたいと思います。次回は車ですかね…。

00_iki 01_eki_mae 02_welcaom

03_21 04_cloud 05_kenroku

06_map 07_chaya 08_ume

09_radio 10_koke 11_ike1

12_ike2 13_ishikawamon 14_33

15_ike3 16_kanazawajyo 17_kanazawajyo2

18_ishigaki1 19_ishigaki2 20_godocyosha

21_chika 22_yakei 23_sai_river

24_risyakuji 25_nishi_chaya 26_higachi_chaya

27_hashi 28_chikuonki 29_notokagaribi

30_notojima 31_nanao 32_wakuraonsen_eki

33_thunderbird 34_yakan 35_mro

36_rekishi 37_oyama_jinjya 38_kaeri

いちようVX-8を持っていきまして、CQなどを出してみましたが、坊主に終わりました。しかしAPRSでは、金沢及び和倉で足跡を残してきました。

| | コメント (1)

2017年3月12日 (日)

KENWOOD TPZ-D553

もう昨年ではありますが、IC-DPR6は別件で使うことになってしまったので、TPZ-D553を導入しました。

Tpzd553 TPZ-D553

IC-DPR6よりもスリムで、スキャンができるため重宝してます。

マイナス点としては、ボリュームを電源OFF直前まで絞っても音が出てしまうのはちょっといただけない感じです。

本体だけでは設定できない項目もあるため、PCと連携するケーブルも使ってみました。ソフトの使い勝手は普通ですね。とりあえず、お約束?の起動画面にアマチュア無線のコールを試しに出してみました。CBコールでもぎりぎり収まるでしょうか…。

Start

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

QSOパーティ参加証 2017

私的には、1993年、2005年に引き続きまして、三枚目の酉となりました。

ちなみにQSOパーティは、1986年の寅から始めまして、なんとなく続いております。

(1985年の正月は開局しておりましたが、残念なことにQSOパーティの存在を知りませんでした。)

2017 酉 2017

| | コメント (0)

2016年12月11日 (日)

SimulinkでRTL-SDR

SimulinkでRTL-SDRが弄れるというのを知り、Communications System Toolbox Support Package for RTL-SDR Radioをアドオンしました。

RTL-SDRドングルでFMラジオのサンプルを動かしてみました。

Simulink_rtlsdr FMラジオのサンプル

確かに受信できて、感動はしましたが、室内では信号強度が弱く、放送を楽しめるレベルではないのが痛いところです。RTL-SDRの受信感度もあまりよいとは言えませんし、なんといってもせめてアンテナをなんとかせねば…。

RTL-SDRにアップコン等をかまして、中波・短波が受信できるようになれば、自作の復調方式で楽しめそうです。

| | コメント (0)

2016年11月19日 (土)

JR0WS

長野市内のアパート1Fでは、433.00を聞いていてもまず聞こえてきません。なので、アマチュア無線はほとんど聞いていなかったのですが、職場の先輩から、聖山山頂のレピータJR0WSが広域でアクセスできると教えていただき、さっそく室内にて受信してみました。59オーバーで聞こえました。VX-8のL1に10cmくらいのホイップアンテナでも楽にアクセスできています。これは重宝しそうですが、無変調やらなにやら出てきて、聞き苦しいですね・・・(^^;

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

秋月DSPラジオモジュールの制御

秋月のDSPラジオモジュールをRaspberry Piで制御してみました。ちなみにDSPはNS9542です。

Radio 制御中

制御はI2Cで行います。ラジオモジュールとRaspberry PiのI2C端子を直結してます。Pythonを使用して、ラジオモジュールのドキュメントを参考にレジスタを設定しています。

とりあえずAMとFMの受信はできているようですが、市販のポケットラジオと比較して、感度がかなり悪く弱々しく聞こえています。ラジオモジュールの設定不足や設定ミスかもしれません。ラジオモジュールのドキュメントを見直そうかと思います。

| | コメント (0)

2016年9月19日 (月)

ハチの巣

ハチの巣がだいぶ大きくなっていました。おそらくアシナガバチですね。ハチの子は、ほとんど羽化したようです。

Photo ハチの巣

ほかの場所にもハチの小さな巣が複数できてましたので、例年より個数は多めです。ハチの巣が多くできる年は台風上陸が多いという都市伝説?も健在かなと感じています。

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

横田基地友好祭2016

今年も自転車で運動がてら出かけてみました。自宅からママチャリで普通の巡航速度で25分ほどかかった15時頃に基地内に入りました。昨年よりは雲が多めですが、相変わらず暑かったです。そして人出もまあ多いこと。それでも昨年よりは少目でしょうか。数年前から全国各地からバスツアーで送り込まれてくるようで、周辺道路(特に国道16号)が大変なことになります。おかげで自転車でさっと駆けつけることができなくなってしまいました…。

ちなみに昨年は無かったかと思いますが、入場時にはしっかりと身分証(運転免許証やパスポートなど)の提示を求められました。無線従事者免許証を提示しようとしましたが、通じなかった場合、時間をロスりそうだったので、運転免許証を見せました。

例年通り手荷物検査もありました。いちようデジタル簡易無線のトランシーバを入れていましたが、なんのお咎めもありませんでした。とりあえず基地内でCQを出してみましたが、残念ながら応答はありませんでした・・・。

さて航空機等の展示ですが、今年の目玉は特になかったかもしれません。私的には、なぜか展示されていた、ウルトラセブンで登場したウルトラ警備隊のポインター号が見れたので良しとしています。何に使うのかは置いておいて、このまま横田基地に配備とかですと尚良いのですが…。アメリカだからナイト2000とかなら問題なしか? ←勝手な妄想です。

Pointer ポインター

帰りにAFNのブースでTシャツを購入して帰りました。来年はこのTシャツを着て来て、昨年ここで買いましたくらいの英語をしゃべってみようかと思います。今年も買って行けと言われそうですが。

C1301 C1302 C1303
F2 F4 F15
Room Torii K9

| | コメント (0)

2016年8月27日 (土)

ライセンスフリー無線完全ガイドとCBマニュアル

中々みつからなかったライセンスフリー無線完全ガイドをオリオン書房ノルテ店(立川市)で発見し、いちよう購入しました。ノルテ店では5冊ほど残っていました(8/26現在)。

内容としては、まあこんなものかなという感じで、購入しなくてもよかったかも。

ただし、今は亡き皆川先生の市民無線活用マニュアル(CBマニュアル)が紹介されており、昔買ったのを思い出し発掘してみました。自分が持っていたのはNo.2です。

Cb_manual1 表

Cb_manual2 裏

こちらの方が、ゆくゆくはアマチュア無線の免許を取って活躍しようという内容もあり、無線家向けでしょうか。
ちなみに購入当時、小学生くらいだったため、結局CBトランシーバを買えず、数年後にICB-790Tを買うまでは、ただ眺めるだけで終わりました…。

| | コメント (0)

«C560